自宅でケトルベルトレーニングするなら毎日の習慣にするのがおすすめ

ケトルベルを使ったトレーニング自体は難しいものではなく、基本さえ押さえておけば怪我の心配もない、と山田さん。何よりも大事なのは姿勢だとか。これは他のトレーニングとも共通ですね。

「正しい姿勢で取り組めば、負荷を体のどこか一点にかけるのではなく、分散してかけることができ、自然かつ安全に行えます。どこか一部にピンポイントで負荷がかかると、怪我につながる恐れもあります。“良い姿勢”のイメージと“正しい姿勢”のそれが乖離していることもあるので、最初はとくに指導者に見てもらうのが良いかもしれません」(山田さん)

初心者はケトルベルの中でも軽い「4kg」から始めて。ケトルベルの一般的な規格が4kg刻みのため、4kg、8kg、12kg……と慣れたら少しずつ上げていくと良いでしょう。

「トレーニングを続けていると、女性でも16kgや20kgのケトルベルを使えるようになりますよ。やはり重たい方が効率的にトレーニングでき、筋肉がつきやすくなります。体を変えるには、トレーニングで日常にない負荷をかけ、慣れたらさらに負荷を上げていく……これを繰り返すことが大事です」(山田さん)

もし自宅でトレーニングするなら、毎朝・毎晩5分ずつなど、毎日小さな習慣にするのがおすすめだと山田さん。ただ、毎日は難しい……という方は、1日おきに週3回など、できる限り“日常”にケトルベル習慣を取り入れて。

「1週間にどれくらい(回数や時間)やるか決めて、トレーニングに取り組むと良いと思います。とくに最初の頃は期間があくと習慣化しづらいので、こまめにするのがおすすめです。負荷が大きくなるにつれ、頻度を減らしていきましょう」(山田さん)

このページが気に入ったら、フォローしてね!!