ライオン、グラドルがやさしく起こしてくれる寝過ごし防止アプリ「お疲れさんアラーム」

2011.11.23 11:2配信
「お疲れさんアラーム」トップ画面

ライオンは、電車でうたたねをしてしまう「電車仮眠族」を、4人のグラビアアイドルが起こしてくれるスマートフォン用アプリ「お疲れさんアラーム」を無料で提供している。現在、iOS向けをApp Storeで配信中で、Android向けはAndroidマーケットで近日配信予定。

ライオンの『グロンサン』サラリーマン応援プロジェクトの調査によると、首都圏のサラリーマン全体の74.7%が「月に1回以上」電車でうたたねする「電車仮眠族」。仮眠頻度は平均すると週4.2回で、1回あたりの仮眠時間は平均16.2分。さらに、「電車仮眠族」のうち、66.7%が年に1回以上は寝過ごしたことがあり、その頻度は平均年4.1回。調査では、約8割が「寝過ごしを防止したい」と答えている。

「お疲れさんアラーム」は、そんなお疲れのサラリーマンを、佐山彩香、吉木りさ、次原かな、杉原杏璃の4人のグラビアアイドルがやさしく起こしてくれるアプリ。入力した経路の平均所要時間から、目的地に着く前に知らせてくれる「電車寝過ごし防止アラーム」は、隣の人に寄りかからないように、からだの揺れを感知するとバイブレーションで起こしてくれる「寄りかかり防止機能」も備えている。

「モーニングコールアラーム」は、時間やタイマーを設定し、時間が来ると設定したグラビアアイドルからモーニングコールがかかってきたかのように起こしてくれるアラーム。

それぞれのアラームは、設定したグラビアアイドルから電話がかかってきたような画面と音に切り替わり、毎回異なる写真とコメントでやさしく起こしてくれる。画面に出てきた写真は保存でき、一人につき全12種類を集めると、スペシャルムービーを見ることができる仕掛けもある。

アラームの時の写真は、フォトアルバムの中から、子どもや家族など、好きな写真も設定できるので、自分だけのお気に入りアラームを作ることができる。

対応機種は、iPhone、iPod touch(各iOS4.0以降)とAndroid搭載スマートフォン(Android OS 2.1以降)。

・「お疲れさんアラーム」(iOS版)をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング