電気代を分単位で見られる「フレッツ・ミルエネ」を導入して変化した、3つのこと

2012.12.2 17:30

NTT東日本が今年の1月から提供をスタートした電力見える化サービス「フレッツ・ミルエネ」。自宅の電気使用量(電気代)を、Webブラウザでほぼリアルタイムでチェックできるサービスですが、「細かく電気代が分かるとどう変わる」かはイメージしづらいのではないでしょうか。実際に使用した結果、どんな変化があったかをリポートします。

NTT東日本が今年の1月から提供をスタートした電力見える化サービス「フレッツ・ミルエネ」。自宅の電気使用量(電気代)を、Webブラウザでほぼリアルタイムでチェックできるサービスですが、「細かく電気代が分かるとどう変わる」かはイメージしづらいのではないでしょうか。実際に使用した結果、どんな変化があったかをリポートします。

 

今回私が申し込んだのは最安プランで専用端末無しの「シンプルパック60A」。平成24年6月から、経済産業省のHEMS導入事業補助対象となるプラン「フレッツ・ミルエネお手軽パック(補助金対象)」の一つで、補助金適用により初期費用のうち自己負担額が21000円から1000円となります。月々のランニングコストは210円(税込)です。プロバイダは問いませんが、フレッツ光への契約が条件となっています。とはいえ、フレッツ光のシェアは断トツでトップのため、知らぬ間にフレッツ光ユーザーだった、という方も多いはずかと。

週末にWeb経由で申し込み後、翌週の月曜日にNTTから電話が着信。申し込みにあたっての確認事項と工事日に設定について、その電話でオペレーターさんに回答し、その週末に工事を依頼しました。取り付け工事は1時間弱で終了。
 

分電盤計測器  拡大画像表示
無線親機  拡大画像表示

分電盤に取り付ける「分電盤計測器」と、自宅のWi-Fiルーターに接続する「無線親機」の取り付けと初期設定は、工事担当の方へお任せしました。専用端末は機能制限版のAndroidタブレットとのことだったため、既にスマホやタブレットを持っていれば不要です。また、PCだけでも「フレッツ・ミルエネ」は問題なく利用できます。
 

設定が完了すると、すぐさま電力使用状況がグラフで表示され始めました。
メイン画面では1時間ごとの消費電力と、その日累積消費電力が表示されます。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング