ハグをすると愛情を感じたりホッとしたりするため、ハグをするカップルは多いと思います。

しかし、いくらハグが好きだからといっても、ハグをしていいタイミングとダメなタイミングがあるものです。今回は、やってはいけないハグのタイミングについてご紹介します。

人目につきやすい場所にいるとき

まだ明るい時間に道路や公園などの人目につく場所でハグをすることを「非常識」だと考える人もいます。また、見ている側で不愉快になる人もいるでしょう。

彼が野外でのハグを非常識と考えているのなら、それを実行するあなたは非常識な人間だと思われてしまいます。

非常識な人間と付き合いたい人なんてなかなかいませんから、これは嫌われる元です。

ときどき駅でハグをしようとしている人も見かけますが、これも人目につくのであまりよくないですね。ハグは居酒屋の個室やカラオケ、二人きりの部屋など人がいないときにしましょう。

彼の親・友人などと一緒のとき

こちらも人前でハグをする行為のため、非常識だと考える人も多いようです。おまけに、彼のご両親からすれば息子が誰かとハグをしている姿を見たくない人が一定数います。

彼としてはOKでも、彼のご両親がNGと考えるなら、非常識な彼女と思われて交際を反対されてしまう可能性だってあるでしょう。

二人が愛し合っていることはハグ以外のことで表現できるはず。わざわざ人に見せつけるようなことはしないでおきましょう。

彼が何かに集中しているとき

仕事や読書中など、彼が何かに集中しているときにハグをするのは邪魔になるだけです。かまってほしいアピールだとしても、彼の邪魔になることは避けましょう。彼はあなたを「鬱陶しい!」と思うかもしれません。

それに、あなたがハグをして彼の集中力を奪ってしまった分、彼の作業効率がガタッと落ちてしまうかも。そうなってしまうと、あなたをかまえる時間が減ってしまいます。

イラッとさせる上に、かまってもらえる時間が減るなんて最悪ですね。

特に運転中や包丁・カッターなどの刃物を使用しているときなど、命にかかわることやケガをする可能性のあるときは絶対にやめておきましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます