JCN、KDDIが開発したAndroid 4.0搭載STB「Smart TV Box」を商用化、「JCNスマートテレビ」として提供

2012.11.29 18:56配信

ジャパンケーブルネット(JCN)は、11月28日、KDDIが開発したAndroid 4.0搭載のセットトップボックス(STB)「Smart TV Box」を商用化し、「JCNスマートテレビ」として提供を開始した。

日本ケーブルラボの技術仕様に準拠し、Android 4.0を搭載した世界初のケーブルテレビ用STB。地上デジタル放送・BS・ケーブルテレビ放送の受信に加え、インターネットを利用したさまざまなサービスが利用できる。また、Wi-Fiのアクセスポイントを搭載し、自宅のテレビやタブレット端末、スマートフォンなどのWi-Fi搭載機器で、多彩なコンテンツが楽しめる。

「Smart TV Box」が利用できるJCNの「JCNスマートテレビ」は、インターネットと家庭のテレビを融合し、新しいテレビライフを提案するサービス。地デジ・BS・CS多チャンネル(72ch以上)、下り100Mbpsのインターネットが月額9450円で利用できるコース「スマートマックス」と、NEC製の10.1インチタブレット端末「LifeTouch L」をベースに、専用の機能を加えた「LifeTouch L for JCN」を付加したコース「スマートマックスwithタブレット」を用意した。「スマートマックスwithタブレット」コースは、契約から2年間の月額が1万1025円で、2年経過後は自動的に料金コースが「スマートマックス」に移行する。

「JCNスマートテレビ」のサービス開始に伴って、KDDIは家族で使えるカレンダーや、レシピ、ショッピング、フィットネス、教育など、生活に密着したさまざまなアプリを「Smart TV Box」向けに提供。また、auスマートフォンで提供中の「au スマートパス」のテレビ向けアプリとして、ゲームやエンタテインメント、「LISMO WAVE」など、100本以上のアプリが利用できるほか、Google Playの多彩なアプリも利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング