http://bapa.ac

日本を代表するクリエイティブカンパニー バスキュールとPARTYによって、2014年に設立された学校「BAPA(バパ)」は、2017年10月6日(金)東京都渋谷に、クリエイター同士が簡単につながることができるバー「BAPA BAR」をオープンします。


BAPAは、2014年、デザインとプログラミングスキルを併せもった次世代クリエイターの育成を目的に設立され、若手クリエイターに学びの場を提供してきました。「新しい仲間」とつながり、新たなものづくりのチャンスを得た卒業生は、卒業後もアルスエレクトロニカやSXSWをはじめとしたメディアアートの祭典に作品展示を行うなど、世の中に議論を巻き起こす作品を多く輩出してくれました。このような背景の中、もっと気軽にクリエイター同士をつなげることのできる場や、ものづくりのきっかけを提供できないか模索した結果、「会ってなくても自己紹介できる仕組み」を持つ、簡単につながれるバーをつくることにしました。7月21日に開催されたプレオープン時には、50名ほどのお客様にご来店いただき、クリエイター同士の新たな出会いを創出することができています。

▼「シャイなクリエイター同士でも簡単につながることができる仕組み」とは
仕組みは簡単です。BAPA BARサイト(http://bapa.ac)にアクセスし、自身のfacebookアカウントから、名前や所属、代表作のURLを記入します。来店し、サイトからチェックイン後、バー内のプロジェクターで自身の作品が流れます。はじめて出会う人同士でも、本仕組みが話のきっかけになればという思いのもと、卒業生と一緒につくりました。本サイトでをシェアしてくれた方には、200円OFFクーポンも用意しています。

▼BAPA BAR 概要



■店舗名:BAPA BAR(バパバー)
■住所:〒105-0002
東京都渋谷区渋谷2-8-10 青山ビル・グーテ1F
※TINTO COFFEE内
※表参道駅から徒歩5分/渋谷駅から徒歩7分
■開店日:2017年10月6日(金)
■営業時間:19:30-23:00(L.O 22:30)
■営業日:不定期開催
■客席数:10席(立席時 15席)
■チェックインサイトURL: http://bapa.ac


▼ BAPAとは
BasculeとPARTYではじめた、ArtとProgrammingの学校、BAPA(バパ)。もしデザイナーとエンジニアが一つの目標を共有し、アイデアから実装まで全てのプロセスを対等な関係で作りきることができたら、全く新しい領域の体験を生み出せるはず。
BAPAはそんな作り方を志向する生徒を育てることを目的に、2014年に設立し、これまで合計109名の生徒を排出してきました。

▼ 運営企業
【株式会社バスキュール】https://bascule.co.jp/
バスキュールはインタラクティブ・クリエイティブ・カンパニーです。人々の行動や感情から自然現象まで、テクノロジーの進化によって、あらゆる事象をデータ化できる時代になりました。それらのデータをクリエイティブの入力ソースとして活用し、従来の枠組みを超えた体験価値の高いコンテンツづくりにトライしています。

【株式会社パーティー】 https://prty.jp
PARTYは、クリエイティブ・ラボです。インターネットの進化による社会の「ネットワーク化」と「グローバル化」に対応した、 ビジュアル、コミュニケーション、プロダクト、サービス、イベント、コンテンツ、空間など、デジタルの技術を活用したデザインをおこなっています。

【株式会社ベンチ】https://bench.jp/
クリエイティブフィールドで戦うプレイヤーをベンチサイドから様々な角度でサポートしたいという思いから、「ベンチ」という名称で2012年に創業。「探す(人や仕事を探す)」「育てる(キャリアを育てる)」「創る(チームを創る)」という3つの事業をクリエイティブ業界に特化して展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます