舞台「ラストダンス-ブエノスアイレスで。聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語」ゲネプロより 舞台「ラストダンス-ブエノスアイレスで。聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語」ゲネプロより

9月28日の初日に先がけて、27日、「ラストダンス-ブエノスアイレスで。聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語」のゲネプロが、本番と同じく東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERにて上演された。

舞台「ラストダンス-ブエノスアイレスで。聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語」チケット情報

主演の水夏希は、「エビータ」の愛称で知られる、実在したアルゼンチンの女傑 エバ・ペロンを演じる。私生児として生まれながらも、大統領と結婚してファーストレディに。国民からの圧倒的支持を受け、副大統領にまでのぼりつめようとした矢先、子宮がんの進行によりわずか33歳で死去。そんな彼女の激動の生涯を、約2時間30分、ステージの上で演じきる。

僅か4人の出演者で構成された舞台は、濃密そのもの。約2年半前にリーディングドラマとして上演された際も出演していた水だが、ゲネプロ終演後、「明日が初日だよね?」と疑うくらいの消耗度だと述べた。「朗読劇から一変して、この四角い舞台と、音楽、動き・ダンス、キャストも含めて一気に世界が広がった分、エネルギーがすごく必要な役だということを改めて実感しました」(水)と、前回上演時との違いもアピール。

エネルギッシュな水の演技はもちろん、エビータの夫であるペロンをはじめ、様々な役を見事に演じ分ける福井貴一の芸達者ぶりや、エビータの兄であり、彼女を見守り続けるファンシート役を担う伊万里有の熱演ぶりにも注目したい。また、ほとんど台詞は発しないながらも、独特の存在感と身体表現をもって舞台に奥行きを加えるSHUNも必見だ。

贅沢に、生演奏で奏でられるタンゴの調べにのせて紡がれるエバ・ペロン(=エビータ)の生き様。ミュージカルではなく、ストレートプレイという表現にこだわった演出を楽しんで。

本公演は、9月28日(木)から10月9日(月・祝)まで、東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERにて上演中。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます