プラズマクラスターふとん乾燥機 UD-AF1

シャープは、新開発したきのこ型の送風アタッチメント「きのこアタッチメント」を搭載する「プラズマクラスターふとん乾燥機 UD-AF1」を10月19日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万2000円前後の見込み。

「きのこアタッチメント」は、シャープが独自に開発した新たなアタッチメント。自然を手本にすることで商品の課題を解決する「ネイチャーテクノロジー」の一環として、今回はきのこが胞子を飛ばす仕組みを応用している。

ふとん乾燥機はこれまで、乾燥マットを用いることでふとんのなかへ万遍なく温風を行き渡らせていたが、準備の手間がユーザーの悩みだった。新製品は、きのこの傘でふとんの中に温風が通る隙間をつくり、アタッチメント内部にある5つのきのこの傘が速くて強い風を送り出すことで、ダブルサイズのふとんも乾燥マットを使わずに十分「乾燥」「あたため」ができる。

「プラズマクラスター」の効果については、温風との組み合わせで、新たに「おねしょ臭」の消臭効果の実証に成功した。このほか、ふとんや枕の汗臭、加齢臭、カビ臭などの気になるニオイの消臭、ダニのふんや死がいといったアレル物質の作用を抑える効果が見込める。

また、「きのこアタッチメント」を本体に装着したまま風の吹出口を開くことで、衣類の乾燥や空気浄化にも使える。くつ乾燥用のアタッチメントも付属する。ふとんのケアが難しい梅雨や冬だけでなく、1年を通して使うことを想定だ。

本体のサイズは高さ386×幅243×奥行き243mmで、付属品を除いた重さは4.0kg。本体が倒れた際に自動で運転を停止する「転倒時運転停止装置」や、高温になり過ぎるのを防ぐ「温度過昇防止サーモスタット」を搭載する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます