吉田沙保里、キスシーンにドキドキ!? 『オペラ座の怪人』に興奮

2012.12.3 18:36配信
キャストと対面した吉田沙保里選手 キャストと対面した吉田沙保里選手

12月1日、東京の電通四季劇場[海]が開場10周年を迎えた。この日はオリンピックと世界選手権で13連覇を達成し国民栄誉賞を受賞した女子レスリングの吉田沙保里選手が来場。同劇場にて上演中のミュージカル『オペラ座の怪人』を観劇し、キャストに祝福を贈った。

劇団四季『オペラ座の怪人』公演情報

電通四季劇場[海]は2002年12月1日に開場。こけら落とし公演の『マンマ・ミーア!』からのべ8作品、大型ミュージカルを中心に上演し、これまでの総公演回数は3270回、観客動員数は約330万人を数える。10周年となったこの日は通常の公演ののち特別カーテンコールが行われ、ムッシュー・アンドレ役の増田守人より「10周年のお祝いに素敵なゲストが起こしくださいました」という紹介で、吉田選手が栄和人監督とともに舞台上に登場すると客席からも大きな歓声があがった。吉田選手は「素晴らしい舞台を見せていただきありがとうございました。皆さんの素晴らしい歌声、演出、衣裳……とても感動して、元気を頂くことができました」と話し、さらに印象的だったシーンを問われ「キスシーン。あれは本当にやっているんですよね?ドキドキしました」と答え、乙女の顔も見せていた。

その後、別室で行われたキャストとの交流会では「とにかく演出がすごかったです。舞台が暗い中であれだけ素早く転換したり、衣裳を替えたり。ここまで出来上がるまでの努力というのがすごいんだろうなと思いました。自分がやっているスポーツとは異なる分野ですが、やはり努力されているということがわかりますし、たくさんの方の気持ちがひとつになって出来上がっているというのは本当に感動します」と興奮冷めやらぬ面持ちで語った吉田選手。また、この日がミュージカル初観劇とのことだったが、「ミュージカルにはまりそう。自分では考えられない世界ですが、見てる方じゃなくて、ちょっと出たいって思っちゃいました」とも話していた。

劇団四季『オペラ座の怪人』は現在ロングラン上演中。現在は3月31日(日)公演分までがチケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング