謎を解くカギは“音楽”。橋本愛主演作『さよならドビュッシー』予告公開

2012.12.4 12:57配信
『さよならドビュッシー』ポスター(C)2013「さよならドビュッシー」製作委員会

第8回“このミステリーがすごい!”大賞を受賞した中山七里原作の同名小説を、橋本愛主演で映画化する『さよならドビュッシー』のポスター画像と予告編がこのほど公開された。

『さよならドビュッシー』予告編

本作は、ピアニストを志す16歳の主人公・遥が、コンクール優勝を目指して励む中で、不可解な事件に巻き込まれていく姿を描いたミステリー。現役ピアニストの清塚信也がピアノ教師役を演じ、『クロエ』の利重剛が監督を務めている。

本作の基になった小説は、ミステリーでありながら観客の心に響くドラマを描いて人気を得たが、このほど公開された予告編も美しいピアノの旋律に乗せて、主人公・遥の幼少期が双子同然に育った従姉妹のルシアと仲良く遊ぶ場面から始まる。しかし、音楽が消え、画面を炎が包むと、遥は祖父とルシアを失い、自身も大きなやけどを負ってしまう。目を覚まし、身体に深い傷を負った彼女は、ピアノ教師の岬洋介と二人三脚で、かつてルシアと一緒に弾くと約束を交わしたドビュッシーの『月の光』を弾くべく猛レッスンに挑む。その一方で映像の中盤からはミステリーの要素も顔を出す。遥は焼死した祖父が遺した24億円もの遺産を相続し、様々な思惑を抱えた者たちが暮らす屋敷の中で不可解な事件に巻き込まれ、命を狙われる。

すべてのドラマをつなぐヒントは、タイトルにもなっているドビュッシーの『月の光』。予告とともに公開されたポスター画像にも“秘めた思い「月の光」とともに溢れ出す…”というコピーがデザインされており、主人公の少女が遠い昔に交わした約束をかなえようと鍵盤に向かうドラマと、彼女の命を狙う者の正体を巡るサスペンス劇を読み解くカギは、劇中に登場する“音楽”にあるようだ。

『さよならドビュッシー』
2013年1月26日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング