生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)は、業界最軽量クラスの本体重量約1.2kgを実現した「極細軽量スティッククリーナー」を2017年10月12日に発売します。全国の家電量販店を中心に販売し、初年度9万台の出荷を目指します。

 当社が実施した「掃除についてのアンケート」(※3)では、自宅での掃除の頻度について約3割の人が床掃除をほぼ毎日行うと回答しており、風呂に次いで2番目に頻度が高くなっています。また、使用している掃除機の不満点について「重い」と回答した人は約4割と最多で、使用頻度の高さを踏まえると、掃除機の軽量化が大きな課題になっています。

 今回発売する極細軽量スティッククリーナーは、こうした課題に対応するため本体のスリム化や内部構造の見直しなどにより、業界最軽量クラスとなる本体重量約1.2kgを実現しました。軽さに加え、リビングにも設置しやすいスリム設計を実現し、手軽に使用できます。また、モーターを見直すことで従来品と比較して吸引力を約30%改善し、既存品より約2cm幅広の新開発ヘッドを採用することで、より効率的に掃除できます。さらに、ほこり感知センサーを搭載しており、吸い込んだごみが多い時は赤、少ない時は緑に点灯するので、掃除の効果を視覚的に実感することができます。設置する場所に応じて、付属のスタンドと壁置きパーツのいずれかを選択して設置できます。

当社は今後も生活者の暮らしに密着した商品開発を行い、快適な生活の実現に貢献していきます。


※1:日本国内の家庭用スティック型紙パック掃除機充電タイプにおいて。2017年10月現在。当社調べ。
※2:超軽量スティッククリーナーIC-SLDC1と比較。当社調べ。
※3:無料会員向け情報サイト「アイリス暮らし便利ナビ」調べ。
「掃除についてのアンケート」(n=1455) 実施期間:2017年9月11日~9月24日


■商品特長
1.業界最軽量クラス、本体重量約1.2kgを実現
2.吸引力約30%アップ、ヘッド幅は約2cm広くなり効率的に掃除可能
3.ほこり感知センサー搭載 自動モードで約30分間使用可能


1.業界最軽量クラス、本体重量約1.2kgを実現
 本体のスリム化や内部構造の見直しなどにより、業界最軽量クラスの本体重量約1.2kgを実現しています。軽量なため高い場所や階段なども手軽に掃除できます。

2.吸引力約30%アップ、ヘッド幅は約2cm広くなり効率的に掃除可能
 モーターを見直すことで従来品と比較して吸引力を約30%改善し、既存品より約2cm幅広の新開発ヘッドを採用することで、より効率的に掃除できます。ヘッド内部に回転する気流を発生させ、ほこりを掻きあげて吸引する「サイクロンストリームヘッド」を採用しており、ダストピックアップ率99%(※4)を実現しています。

■気流のイメージ


3.ほこり感知センサー搭載 自動モードで約30分間使用可能
 ほこり感知センサーを搭載しており、吸い込んだごみが多い時は赤、少ない時は緑に点灯するので、掃除の効果を視覚的に実感することができます。また、自動モードでは感知したごみの量が少ない場合は自動で節電運転に切り替ることで、約30分間(※5)連続して使用することができます。

■左:ごみが少ない時、右:ごみが多い時


■その他の特長
・ゴミ捨てが容易なダストパック方式を採用しています。専用のダストパックには抗菌・防臭加工が施されています。

・設置する場所に応じて、付属のスタンドと壁置きパーツのいずれかを選択して設置できます。壁置きパーツは両面テープで壁に取り付けることができるので、設置のために壁に穴をあける必要がありません。

・本体にはマグネットが内蔵されており、掃除の合間に冷蔵庫などの磁石が着く箇所に立てかけることも可能です。

※4:JIS C 9802に定められている「じんあい除去能力」の測定方法に準拠した当社試験。硬い床からのじんあい除去能力を測定。
※5:満充電時、バッテリー初期、20℃の環境において。使用環境により連続使用時間は異なります。






企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます