若手注目株の白洲迅が、白きふんどし姿でコメディに初挑戦!

2012.12.5 18:30配信
白洲迅   撮影:源賀津己 白洲迅   撮影:源賀津己

2010年、12年と上演された、脚本・細川徹、演出・河原雅彦による熱血学園ミュージカルcube neXt『押忍!!ふんどし部!』が、13年2月、東京・CBGKシブゲキ!!で再々演される(今回の演出は清水宏)。そこで新たに主人公の富永一郎太役を演じる白洲迅に、作品にかける思いを訊いた。

『押忍!!ふんどし部!』公演情報

白洲が「コメディなんですけど、ダンスや歌もある。すごく面白くて新感覚な舞台だと思います」と語るように、本作は近年多く見られる、いわゆる“イケメン舞台”とは一線を画する。ある高校の学園祭でかつて行われていた、伝統ある(?)演目“白ふん流し”。その復活を目指す高校生たちの奮闘が、ダンスや歌、さらにはくだらなさ満載の笑いをもって描き出されるのである。

物語は、この高校にひとりの純朴な少年・富永が入学してくるところから始まる。その新入生さながら、今回“おすふん”メンバーに新たに加入したのが白洲だ。「出演が決まった時は、信じられないのと同時に不安もよぎりました。コメディはやったことがありませんし、とにかくフツーな富永に比べて周りのキャラクターたちが個性的過ぎて…(笑)。その中で埋もれないようにするためにも、ひとつひとつのボケに対して、新鮮味をもってツッコんでいかないといけないなと思います」。

舞台終了後の4月からは、白洲主演(舞台と同じ富永一郎太役)で連続ドラマとしての放映も決定。舞台版にはない、登場人物それぞれのバックグラウンドがドラマ版では描かれるほか、同じ役をドラマ版と舞台版で異なる役者が演じるなど、また違ったアプローチから“おすふん”を楽しむことが出来そうだ。「撮影の時は、本当キャストのみんなに助けてもらいました。すでに初演、再演の舞台をやっている人も多かったので。また僕自身、ドラマ版をやったことで富永って役をより深く知ることが出来ましたし、舞台版では座長として、みんなを引っ張っていくくらいの強い気持ちで臨んでいけたらなと思います」。

“おすふん”の見どころといえば、やはりイケメンたちが見せる白いふんどし姿。白洲もドラマ版ですでに経験済みということで、自分の白ふん姿の感想を訊いてみると…。「やっぱり不思議な、心許ない、落ち着かない気持ちになりました(笑)。でも舞台版では直接お客さんに見ていただくので、もっともっと鍛えていきたいなと。またこの舞台は観客参加型で、みんなで“白ふん流し”をやってもらいます。楽しみながら、一緒にこの舞台を盛り上げてもらえたら嬉しいなと思います!」

なお、白洲迅の動画配信チャンネル「シラステレビ」(http://www.sirasu.net/)が12月15日(土)22時よりスタート。さらに月1回は拡大版としてニコニコ動画公式生放送「生シラステレビ」として放送する。

舞台版チケットの一般発売は12月22日(土)午前10時より。チケットぴあでは、いち早プレリザーブを12月6日(木)11:00まで、プレリザーブを12月10日(月)11:00まで受付。

取材・文:野上瑠美子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング