撮影:tama

10月7日(土)公開の映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』(以下『アヤメくん』)。現在連載中の同名コミックが、『テニスの王子様』や『刀剣乱舞』など2.5次元ミュージカルで活躍する黒羽麻璃央さん、そして足立梨花さんのW主演で3次元の映画になりました。

『アヤメくん』は、大学の理学部を舞台に、何より「骨」が大好きなオタク美女・椿(足立梨花)と、同じ研究室に入ってきた帰国子女でのんびりマイペースな恐竜好きの年下イケメン・アヤメ(黒羽麻璃央)を中心に描いた、「研究室ラブコメディ」。椿に一目ぼれしたアヤメは、「おっぱい…触らせてもらっていいですか」と言い出すなど、猛アタックをするのですが…。

今回は、黒羽さんと、ミステリアスな雰囲気の研究室の先輩・鈴木仁英を演じた佐伯大地さん、そしてアヤメの恋が成就するよう応援する高山春樹役の尾関陸さんに、映画や現場の様子について語ってもらいました。

普段から「同じ研究室の仲間」のようだった現場

撮影:tama

――今回は、皆さん年齢層が同じということですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

佐伯:みんなワチャワチャ仲良くやっていました。「同じ研究室の仲間」という感じが控室でも続いていましたね。

僕はちょっと同じ仲間とは違う立場の役だったので、その輪に加わるかどうか判断が難しかったんですが、みんなが楽しそうにしているのを見ているというのも、今作の僕のキャラクターとリンクしてるのかなと思いました。

――佐伯さん演じる仁英は、椿とアヤメの関係を翻弄するような役柄でしたね。

佐伯:監督からは、ふたりに強烈な刺激を与えるような強いキャラを演じてほしいという要望がありました。アゴクイとか壁ドンみたいな非現実的なことを入れたり。

撮影:tama

――それはたとえば家で練習したりするんですか?

佐伯:するわけないじゃないですか!(笑)

――ですよね(笑)。尾関さんは、やさしいアヤメくんの先輩役でしたが、演じる上で工夫したことはありますか?

佐伯:尾関は壁ドンとかアゴクイとかめっちゃ練習してたよね。

尾関:してないですよ。そんなシーンないですから。

佐伯:メイキング見て、ストイックやなーって思ったもん。

――尾関さんはいじられキャラなんですか?

尾関:大地くんからだけです。

佐伯:いじられキャラとして、千年に一人の逸材(笑)。

――それで質問なんですが(笑)、高山先輩の優しさを見せるために工夫したことを教えてください。

尾関:アヤメくんと椿ちゃんの恋をひそかに応援するために、時には応援したり、同じ研究室でよく一緒にいる里中役の永田崇人くんと「こうしてみようか」と相談したりできたので、やりやすかったです、とても。

撮影:tama
「Character JAPAN」更新情報が受け取れます