「鯨と炉端料理 赤坂まごの邸」にて、『高級ミンクくじらの薬膳しゃぶしゃぶ』が2017年10月4日(水)よりスタートしています。ミンクくじらは、入荷数が少ないため、1日数量限定での提供となります。

【高級ミンクくじらの薬膳しゃぶしゃぶ】※仕入薄の為、毎日限定数

同店では、日本人の食文化を支えてきた鯨肉をメインとして、様々な鯨肉料理が提供されますが、10月4日(水)より新メニューとして「高級ミンクくじらの薬膳しゃぶしゃぶ」がスタートしました。

2種類のスープのうち、特製の薬膳スープは、クミン・クコの実・鷹の爪・ナツメ・大蒜・生姜・松の実・クローブ・シナモン・フェンネル・八角・山椒など10種類以上のスパイスが独自の配合でブレンドされ、大山鶏のスープで仕上げた黄金の辛旨スープ。入荷数が少なく貴重な「ミンクくじら」は、身も柔らかく、味が繊細で食べやすい鯨の代名詞。その赤身を特製薬膳スープにサッとくぐらせ、濃い味の「芽ネギ」を巻いて楽しむことができます。

もう一つの昆布出汁には、さえずり(鯨の舌)と本皮(鯨の皮)を入れ、鯨の旨みをたっぷり引き出した後、お肉をサッとくぐらせ、ポン酢で堪能することができます。

※一人前3,480円(税込) 二人前より

【鯨肉に含まれる栄養素】

鯨肉は、牛・豚・鶏と比較してもカロリーが低く、低脂肪・高タンパク、さらにコレステロールも低いので、日本人の健康に最適な食材と言われています。また、発癌の予防効果も期待できると注目されているEPA(エイコサペンタエン酸)や、頭が良くなることで知られているDHA(ドコサヘキサエン酸)等の不飽和脂肪酸の割合も高くなっています。

他にも、鉄分やコラーゲン、コンドロイチンなど美容に良いとされる栄養素も豊富で、昨今、美容と健康の面でも注目を集める食材となっています。

【まごの邸とは】

まごの邸

赤身やハツ、最高級の尾乃身など、様々な部位の刺身では鯨の本来の魅力を、「鯨のはりはり鍋」や「鯨のもつ鍋」などの同店の独自メニューでは、鯨の新たな味覚を堪能することができます。

また鯨以外の酒肴も、特選牛や季節野菜の炙り、串焼き、旬の魚の刺身など豊富に取り揃えられているので、日本酒や焼酎など、各地の地酒と楽しむことができます。

お部屋は、ご宴会向けの28名様までの完全個室のほか、半個室、カウンター席もあるので、大切な接待やデート、同窓会や慰労会など、各種用途で利用することができます。

【メニュー例】

上赤身と尾乃身の刺身(2,200円):最高級希少部位を食べ比べることができます。
くじらの竜田揚げ(880円):同店自慢の逸品。
くじらの鉄板焼きステーキ(1200円):レアに焼き上げた鯨ステーキに、特製のソースをかけて。
自家製釜飯(1480円):釜飯屋で修業した職人直伝の釜飯。

【店舗情報】

店名 :鯨と炉端料理 赤坂まごの邸
住所 :東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂B1F
営業時間 :平日・祝前日 / 11:30〜14:30、17:00〜23:30 土日祝 / 16:00〜23:00
連絡先 :03-3584-2818
席数 :68席 ※個室も完備

「うまい肉」更新情報が受け取れます