恋をする相手の条件に、「性格」って絶対について回りますよね。性格がきつくて、怒りっぽい人と付き合いたいと思う人は、おそらく少数派でしょう。

一般的によく挙げられるのは「優しい人」というポイント。女性でも「優しい人が好み」と、挙げる人は多いのでは……?

しかし、具体的に優しい人って、どういう人のことを指すのでしょうか。特に男性の場合は、結婚対象の条件として「性格の良し悪し」を挙げる人が多いものです。

そこで今回は、男性が結婚相手に求める、優しい女性の特徴を考えてみました。

どんな人にも分け隔てなく優しい

おそらく、一般的に「あ、この人優しいな」と感じられるポイントは、人当たりの良さだと思います。たとえば道に迷っている人を見かけたら、自分から話しかけて道案内をしてあげるとか。自分のことよりも相手のことを優先するのって、なかなかできることではありませんよね。

ほかにも、自分よりも立場が低い人でも、他の人と変わらない態度を取れるとか。どんな人にも分け隔てなく接することができる人って、優しい印象を持ちますし、尊敬されやすいです。

まさにそうした様子に、男性も「いいな」と感じられ、自然と仲良くしたい意識が高まるのかもしれません。

物事に寛容である

大人になれば、誰しもが空気を読んだり、人に対して配慮することが多くなりますよね。でも、優しい人というのは、それとは別に根本的に物事に対して寛容なのかもしれません。

ほかの人であれば「え、それって~」と、容赦なく突っ込んでくることも、優しい人は相手を傷つけることを嫌い、追い詰めるような言い方はしないのでしょう。

だからこそ、そのような人には、できるだけ周りも優しい態度で接したくなるのだと思います。

性格を変えることは難しいかもしれませんが。誰しもが失敗、挫折はある――。そんな風に考えられると、今よりも気の長い穏やかな印象を周りに与えられるかもしれません。

フットワークが軽くて愛想がいい

例えば初対面時、相手から声をかけてきてくれると、嬉しく感じますよね。笑顔が素敵で、物腰が柔らかなら「優しそうな人だな~」という、印象を抱く人も多いと思います。

それこそ何か困っていることがあれば、気軽に声を掛けて来てくれて力になってくれる――。そんなフットワークの軽さがあると、男性は「いいなあ」という印象を持ちやすいでしょう。

相手の笑顔が印象的で穏やかそうな雰囲気なら、人は心を開きやすく、つい話し込んでしまうもの。そういった意味の愛想の良さって、大事なポイントになりそうですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます