お台場海上芸術花火祭2017お台場海上芸術花火祭2017

隅田川の花火大会が大雨だったことにより花火を見られなかった950,000人の皆さま。朗報ですよ!

2017年10月21日土曜日、お台場海浜公園を会場としてお台場海上芸術花火祭というイベントが開催されるそうです。

お台場にこの時期に花火をやるというメリット

お台場といえば海のすぐ近く。

夏場の暑い時期と違って、秋は浴衣などのいつもと違った衣装を着て動くのにも最適です。
ほどよい夜風に吹かれながら見上げる花火は2017年の大きな思い出になること間違いないでしょう。

また、10月といえば近年ますます盛り上がりを見せるハロウィンがあります。あわせてハロウィンにあわせたイベントも開催されます。家族や友人を連れ立って仮装を楽しめる絶好の機会です。

ハロウィン×花火花火を見ながら仮装を楽しめる!

お台場×花火=恋

私が最も注目しているのは、“恋花エリア”と呼ばれるスペースです。お台場の海と花火。恋のはじまりを予感させる絶好の機会!

個人的な見解ですが、秋は最も恋愛が動くシーズンです。
毎年冬の12月・1月はイベントが盛りだくさん。イベント前に恋人が欲しい!少し寒くなって人肌が恋しい!という男女がたくさん集まることが予想されます。

海上花火というロマンチックな状況に、吊り橋効果に似た感情が湧き上がることは間違いありません。

恋の花火を咲せるための「ワザ・コツ」

恋愛に最も必要なものは“積極性”。

男女どちらにも必要な要素です。どちらか片方だけが盛り上がっていては恋の花火は咲きません。でもそこを解決してくれるのが、海上という「非日常」。

婚活ブームが持てはやされるようになって久しい昨今、「自分はちょっとそういう場は……。」という方でも、花火と海があるなら行ってみる価値があります。なぜなら、恋愛に発展しなくても楽しめる!というベースがあるのは、失敗しても大丈夫という安堵感にも繋がっているからです。

「いつもと違う場所で、いつもの自分でいる必要はない」この開放感をぜひ味わって欲しいと思います。

幸せになる方法

人間には、幸せになれる人となれない人がいます。

そもそも「幸せ」というのは主観的なもので、他人が決められるものではないからです。
これは、自分自身で自分が幸せだと思えなければいけないということ。

“どんなときも楽しいと思える人間力を養う”
恋愛だけではなく人生において大切なことだと思います。

この思考を意識して動けば、自然と積極性が身につくのではないでしょうか。

今年は、史上まれに見る20日間連続の雨が続いた夏。
どこにも咲かなかった花火を、今こそお台場で咲かせてみせませんか?

「 お台場海上芸術花火祭 2017 ~秋のハロウィンビーチフェスティバル~」

花火を見ながら恋も咲かせる!?「恋花エリア」が新登場

恋花エリアは、いわゆる「花火コン」エリアとなります。
秋の夜、お台場のビーチで恋の花火も咲かせましょう!素敵な出会いに期待したい、という方は要チェックです。

■開催日:10月21日(土)■ 開催時間 : 開場15:00/花火打ち上げ開始18:30
※開場後よりパレード等各種催しが行われます。
■ 会場 :お台場海浜公園

フリーの編集/ライター/シナリオライター/イラストレーター/念能力は天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)。31歳バツ3。小学5年生の息子と3歳の娘と3人暮らし。彼氏になってくれる菅田将暉を募集中。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます