日立マクセル、Bluetooth搭載の円筒型スピーカー「MXSP-BT1300」とウォークマン対応の「MXSP-1300WM」

2012.12.6 20:46配信
MXSP-BT1300

日立マクセルは、円筒型アクティブスピーカーの新製品として、Bluetooth搭載の「MXSP-BT1300」を12月10日に、ソニーのウォークマンに対応する「MXSP-1300WM」を12月13日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はどちらも1万円前後の見込み。

ともに、実際のスピーカー位置よりも左右に音が広がったように聞こえる3D音響技術「Magic Speaker」と、豊かな低音を響かせるホーン型のバスレフポート「Dynamic BassReflex Horn」を搭載し、管楽器をモチーフにしたスタイリッシュなデザイン。直径46mmのアルミコーンスピーカーと、4.2W+4.2Wのパワーアンプを搭載する。

音量調整やモバイル機器の操作に対応するリモコンが付属。スマートフォンなどのモバイル機器を充電できるUSB電源出力端子を本体背面に、はリモコンの紛失を防ぐ「REMOCON SPOT」を前面に配置する。

電源は、付属のACアダプタを使用。サイズは幅420×高さ81×奥行き113mmで、重さは約900g。

「MXSP-BT1300」は、Bluetoothに対応し、さまざまなモバイル機器を簡単に接続できる。ペアリング情報は、最大8台まで本体に記憶する。直径3.5mmステレオミニプラグで、Bluetoothが使えない機器との接続にも対応する。カラーは、クラシックホワイト、ダークグレイの2色。

「MXSP-1300WM」はソニーの「Designed for Walkman」プログラムに準拠し、ウォークマン接続用のWM-PORT(22ピン)と、直径3.5mmのステレオミニプラグを備える。カラーは、レッド、ブルーの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング