人類最大の武器/弱点は“愛”。『スター・トレック』新作映像が解禁!

2012.12.7 10:00配信
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

歴史的なSF大作を、『LOST』『SUPER 8/スーパーエイト』のJ.J.エイブラムスが新生させたシリーズ第二弾『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の第一弾予告編がこのほど公開された。サービス最新旺盛なエイブラムス監督らしく、アクションとドラマと謎が約1分ほどに超圧縮された映像だ。

『スター・トレック』新作映像

本作は、様々な星の生命体が共存している未来世界を舞台に、ジェームズ・T・カーク艦長をはじめとする仲間たちが宇宙船U.S.S.エンタープライズ号に乗り込み、危機に立ち向かう姿を描いたSFシリーズ。『…イントゥ・ダークネス』は、2009年に公開された『スター・トレック』の監督、キャストが再集結した作品だ。

前作では、自己中心的な若き青年カークが成長し、エンタープライズの艦長になるまでを描いたが、最新作では彼らの前にベネディクト・カンバーバッチ演じる強敵が出現し、カークらを苦しめる。このほど公開された予告編では、カンバーバッジ演じる強敵が「世界が永遠だと? それは幻想だ」と告げるシーンから始まる。その後の映像はいずれも短いが、カークと船医レナード・マッコイが真っ赤な木々が多い茂る謎の惑星を全力疾走する場面や、銃をかまえる科学士官スポック、海面から緊急浮上するエンタープライズ号、そして強敵とカークが肉弾戦を展開する場面など見逃せないシーンが連発。ラストは強敵が「人類最大の弱点は愛だ」と宣言する。

先ごろ日本で行われた本作のプレゼンテーションでエイブラムス監督は「今回の映画ではカークらが“心がつながったグループ”として予想もしなかった危機に遭遇します。そして、愛する者を守るために、自分をどこまで犠牲にできるのかが試される話になる」と説明した。エイブラムス作品は、巧みなストーリーテリングや謎の効果的な配置が魅力だが、自身の監督作では常に“愛のドラマ”が物語の重要な位置をしめており、本作では“愛”が最大の弱点であると考える強敵に、“愛”を胸に立ち向かうとするカークたちの姿が描かれるようだ。

また、予告編とあわせて第一弾ポスターも解禁となった。カンバーバッジ演じる悪役が背中を見せて立っている場面が使用され、画像を遠くから眺めると、シリーズでお馴染みのシンボルマークが浮かびあがるデザインになっている。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
2013年9月 全国ロードショー!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング