ラトック、無線LAN機能搭載のSDXC/SDHC/SDカードリーダー「REX-WIFISD1」、スマートフォンの充電に対応

2012.12.7 12:6配信
REX-WIFISD1

ラトックシステムは、無線LAN機能を搭載し、スマートフォンの充電にも対応するWi-Fi SDカードリーダー「REX-WIFISD1」を、12月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7980円前後の見込み。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載。専用アプリ「WiDrawer」で、スマートフォンやタブレット端末でSDカードのデータを読み書きできる。最大5台までの無線LAN対応機器の同時接続に対応する。インターネットブリッジ機能で、インターネット接続時も無線LAN接続を切り替えることなく使える。

USBポートにスマートフォンを接続することで、モバイルバッテリとしても使用できる。内蔵バッテリ容量は、iPhone 1台分の3000mAh。使用時間は約9時間で、アップルのUSB電源アダプタを使用したときの充電時間は約4時間。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。USBメモリの共有に対応し、FATだけでなく、exFATやNTFSフォーマット形式も利用できる。さらに、PCとUSB接続することで、通常のSDカードリーダーとしても利用できる。

対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.5.8以降、iOS 4.0以降、Android 2.2以降。サイズは幅79×高さ14×奥行き118mmで、重さは約120g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング