「あなたのアプリ、買います」 WDLCが若者向けにWindows 8のアプリコンテストを開催

2012.12.7 18:56配信
「Digital Youth Award」のサイト

WindowsやPCの活用を通じて社会貢献を進めるウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は、12月7日、若者を対象にしたWindows 8アプリのコンテスト「Digital Youth Award(デジタル・ユース・アワード)」を開催すると発表した。

WDLCの香山春明会長(日本マイクロソフト 執行役常務コンシューマー&パートナーグループ担当)は、「WDLCは、2011年から経済産業省などと協力して、国際競争力のある若者の育成に力を注いできた。『Digital Youth Award』で、若者の世界を変えるようなアイデアと企業をマッチアップして、若者にビジネスの第一歩を提供したい」と意気込みを語った。

「Digital Youth Award」は、「人が“豊か”になる国民的アプリ」をテーマに、18~29歳の若者を対象にWindowsストアアプリとアイデアを募集するコンテスト。実際に開発したアプリを募集する「アプリ開発部門」と、アプリのアイデアを募集する「アイデア発想部門」の2部門で20作品ずつの入選作品を選び、さらにWDLC運営事務局や各界有識者の審査を経て、各部門6作品ずつの優秀作品を選出する。

優秀作品は、2013年2月28日に開催する決勝大会で約100社の企業の前でプレゼンテーション。事業化やアイデアの実現に向けて、企業と応募者が直接交渉するマッチングの機会をつくる。マッチングは野球のドラフト会議と同じ形式で、参加企業が気に入ったアプリやアイデアがあれば、それぞれ契約交渉を行う。

応募は2013年1月31日までで、社会人、学生を問わず応募できる。各部門から賞金10万円のグランプリ、賞金5万円の準グランプリを選ぶ。また、応募者に対して決勝大会を目指すためのアプリ開発技術やアイデア発想力に関するトレーニング/メンタープログラムのスキルアップの機会を提供する。

発表会には、WDLCの理事を務めるNECパーソナルコンピューターの高塚栄社長やソニーマーケティングの粂川滋執行役員、バイヤー企業代表としてヤフーの村上臣執行役員などが揃い、若者に応募を呼びかけた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング