「かなりの自信作」と語った北野武監督

 映画『アウトレイジ 最終章』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、北野武監督、出演者の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男が出席した。

 本作は、裏社会の男たちの抗争を描くバイオレンスエンターテインメント「アウトレイジ」シリーズの最終章。

 花菱会の若頭を演じた西田は、印象深いエピソードを問われると「初日に撮った塩見三省との絡みの場面。塩見の方がまだ脳出血の後遺症があり、私もけい椎を亜脱臼して、歩行が定かでなかった。2人とも4人ぐらいの人に抱えられながら対峙(たいじ)するシーンを撮った」と明かした。

 続けて「北野監督が非常に気付かってくれて『大丈夫よ。大丈夫よ。もう、本(脚本)を変えちゃおうか』と優しい言葉を掛けてくれた。われわれも監督に対して義理、恩を感じました」としみじみ振り返った。

 北野監督も「今回は西田さんがけがをしたり、塩見さんも病気になったり。でも体の具合の悪さが、初めて撮った時に、すごい迫力になったので “これは生かさなきゃいけないな”と思った」と告白した。

 「でも、それを見ている俺が首をこうやって(曲げて)いるから、この3人は一体なんだろうと。病気グループになっちゃった」と語り、笑いを誘った。

 また、最終章となった本作について北野監督は「自分なりにうまいまとめ方をしていると思う。私の場合は評論家とけんかばっかりしているんで、あまり人気がないのですが(今回は)西田さんが出ているせいもありますが、あまり文句を垂れているやつもいない。自分で編集をしていて、これは映像的にもいいなと感じたかなりの自信作」と語り、満足げにほほ笑んだ。

 さらに「次はちょっと息抜きではないですが、“恋愛もの”を撮って、客観的にもう1回バイオレンス映画を見直したい」と語った北野監督。

 再びバイオレンス映画に取り組む際は「日本の役者、オールスターズでやる。このバイオレンスの映画に選ばれていない役者は“俺に認められていない”というぐらいの追い込み方をして、全員、車代だけで出てもらおう。仲代(達矢)さんにも500円ぐらいで出てもらおうという作戦を考えています」と冗談めかし、会場を盛り上げた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます