このふたり“同じ人”に見える? 映画『ルーパー』が試みた工夫とは?

2012.12.10 16:35配信
『LOOPER/ルーパー』ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリス。同じ人物です!(C)2012 LOOPER DISTRIBUTION. LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが共演するSF大作『LOOPER/ルーパー』が来年1月に日本公開される。本作ではレヴィットとウィリスが同一人物の“現在”と“未来”を演じており、そのために俳優・スタッフが様々な工夫を重ねたようだ。

その他の写真

本作は、未来からタイムループしてきた標的を抹殺する暗殺者“ルーパー”のジョー(レヴィット)が、ターゲットとして“30年後”の自分(ウィリス)に出会ったことから始まるSFアクション。強烈な個性をもつ主演ふたりの激突や、物語の背後に潜む数々の謎が物語の進行と共に明かされていく巧みな語り口が高い評価を集めている。

まずライアン・ジョンソン監督も認めている事実がある。それは“ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスの見た目はまったく似ていない”ということだ。そこでジョンソン監督は、特殊メイクの神様リック・ベイカーのもとで働き、2度のオスカー候補になった日本人アーティスト、辻一弘を招き入れた。彼は毎日、3時間かけてレヴィットの鼻、唇、眉に特殊メイクを行い、ウィリスの風貌に近づけた。レヴィットは「彼はマジシャン。現代に生きる最高の特殊メイクデザイナーだ。僕とブルースが完全に同じ顔になるのは不可能だが、観客がブルースを観たときに『ああ、確かにこの男は“30年後の同じ人物”だ』と感じられるように化けさせてくれた」と振り返る。確かに本作の場面写真に登場するレヴィットは『(500)日のサマー』や『インセプション』で見た彼よりも鋭い顔つきになっている。

もちろん、レヴィットは“見た目”以外の部分もウィリスに近づくべく工夫をした。「彼のことを研究しまくったよ。彼の映画をたくさん観たし、彼の映画から音声だけを録音してiPodで彼の声を何度も何度も聞いたんだ。それにモノローグのシーンがあったんだけど、その台詞を彼が録音してくれたんだ。彼の声だとどんな風に聞こえるのか僕がわかるようにね。でも一番大事だったのは“彼と一緒に過ごすこと”だった。夕食を食べたり、会話したりね。彼のことを人として知ることが一番参考になった」。

現代はCG技術も発達しており、ひとりの人間がキャラクターの“過去”と“未来”を演じ、同じ画面の中に登場することは可能だ。しかし、本作ではあえてふたりの俳優が“ひとりの人間”を演じることで生まれるドラマを、物語の中に巧みに取り込んでいる。

『LOOPER/ルーパー』
2013年1月12日(土)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング