鬼才キム・ギドク監督が3年ぶりの新作を語る

2011.11.22 16:51配信
新作『アリラン』が公開されるキム・ギドク監督

現在開催中の映画祭「第12回東京フィルメックス」のオープニング作品としても上映されたキム・ギドク監督の新作『アリラン』が来春に一般公開される前にギドク監督が来日し、都内で行われた記者会見に登壇した。

その他の写真

本作は『悲夢』以来、新作を発表してこなかったギドク監督が、出演、撮影などすべての作業をたったひとりで手がけた作品で、ドキュメンタリーとドラマ、そしてファンタジーが融合した意欲作。前作の撮影中に起こった“あるトラブル”や人間関係のもつれから映画製作の最前線から離れ、田舎の小屋で暮らすギドク監督本人と、そんな彼を追いつめ非難するもうひとりのギドク。そんなふたりのやりとりをおさめた映像を眺める3人目のギドク。そして監督自身が「自分の魂のようなものかもしれない」と解説するギドク監督の影……複数のギドク監督が劇中に登場し、ひとりの映画作家の心のうちをカメラの前にさらけ出していく。

当初は映画を撮るつもりはなかったというギドク監督は「映画になったのは全体で撮った20分の1。きっかけは自分ことを自分自身の言葉で告白しようとしたからで、誰かに見せようという想いはありませんでした。そこで彼を非難する“作り出されたキム・ギドク”を撮ることで、苦しんでいる自分を理解しようとしたんです。するとだんだん考えが膨らんできて、ふたりを見ているキム・ギドクを出し、キム・ギドクの影を出していくうちに『これは誰かに見せたとしても退屈にはならないかもしれない。退屈させない作品にしよう』という気持ちになりました」と製作の過程を説明。自分でカメラをセットし、自分を撮影した映像を編集していく映画作りについては「自分でカメラをセットして自分を撮るのは複雑で面倒な作業なんです。雪道を歩くシーンだと歩いて行った後、急いで戻るので滑稽ですよね。幸い、今回の撮影場所は田舎でたくさんの人に見られなかった。もし周囲に見ている人がいたら、この映画は存在しなかったかもしれません」と笑顔を見せた。

これまで数多くの作品で自国の闇に目を向け、世界の映画祭で高い評価を受ける一方、自国では多くの批判を受けてきたギドク監督。彼は最後に「今、映画産業は大企業化していると思います。日本も同じでしょう。メジャーな会社が素晴らしい作品を作っていればいいんですが、韓国ではハリウッドのリメイクのような映画が多く作られている気がします。そうなるとカラーが際立つ作品は出にくくなっているように思います。私は映画というものは社会に何らかの影響を与えられるものだと思います。私はお金ではなく、ささやかですが心を込めて映画を作ってきました。世界の監督が私と同じ気持ちをあきらめずに持ち続けてほしいと願っています」と訴えた。

『アリラン』

「第12回東京フィルメックス」
27日(日)まで有楽町朝日ホールほかで開催中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング