全体公演はこれがラスト!今後も進化し続けるワハハ本舗に注目

2012.12.11 17:4配信
左から、大久保ノブオ、久本雅美、喰始  撮影:西村康 左から、大久保ノブオ、久本雅美、喰始  撮影:西村康

“全力でバカをやる”をモットーに、久本雅美、柴田理恵、佐藤正宏、梅垣義明ら売れっ子を次々と輩出しつつも、劇団員総出で日本の津々浦々を回る全体公演を行ってきたワハハ本舗。前回公演『ミラクル』では、座長・大久保ノブオが東日本大震災の被災地を訪れた経験を読誦し、劇団員がその後ろで祈りを込めて踊るという圧倒的なパフォーマンスも見せてくれた。そして創立30年を迎える2013年、4月の『ラスト』をもって全体公演はひとまず終了する。ワハハ本舗の今後と公演の内容について、作・演出の喰と劇団員の大久保、そして久本に語ってもらった。

WAHAHA本舗全体公演『ラスト』開催情報

「全体公演という形を終えるからといって、けしてワハハ本舗が解散するわけじゃないんですよ」と、心強い言葉を発してくれたのは喰だ。続けて「歌をメインにしたライブステージなど、劇団員それぞれのスタイルで全国ツアーは続けようと思っています」と話す。早速、来年1月には大久保が属するコミックバンド・ポカスカジャンと久本とで、コンサートツアー『結婚線が消えてきた』を予定。大久保から「久本さんは魅力的な声をしている」と言われ、「歌で感動させるなんて大層なことは考えてない(笑)。いつも通り笑いも満載なので、気軽に楽しんでもらえたら」と照れくさそうな久本。だが最近はボイストレーニングに通うなど、次のステップに向けてもしっかりと準備を進めているようだ。

一方、途中入団で劇団の音楽面を支え、2年前からは座長も務める大久保にとって、最後の全体公演はまた別の感慨があるとか。「最後と知った時、まだ続けたいという気持ちは、正直ありました。でも喰さんが『ずっと同じことを続けているとそれが普通になって、劇団員が他に出来ることも出来なくなってしまう』というのを聞いて、前向きの終了なんだと素直に納得できたんです」と大久保。「ここまで同じ形で解散もせずにやってこれたことが奇跡だと思う。だからこそ、劇団員全員が自分の人生を考えるときなのかなって」という久本の言葉にうなずきながら、大久保は「最後までお客さんと一緒に盛り上がっていきますよ」と力強く語った。

さて、気になる『ラスト』の内容だが、「ワハハがまだ東京公演しかできなかった頃、井上陽水の『Good,good-bye』をエンディングで使っていたんです。今回はそれをオープニングで使おうかと。あとはシルヴィ・バルタンの『あなたのとりこ』を流してメンバー紹介をしたり、公演地ごとにご当地民謡を取り入れたり…」と、喰のアイディアはまだまだ尽きない様子。大きな分岐点を経て、これからも進化し続けるワハハ本舗。その行方を、いっそう楽しみに見守りたい。

WAHAHA本舗全体公演『ラスト』は4月6日(土)より、東京・赤坂ACTシアターにて。チケットぴあではインターネット先行抽選「いち早プレリザーブ」を12月17日(月)11:00まで、プレリザーブを12月13日(木)11:00から12月19日(水)11:00まで受付。

取材・文:佐藤さくら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング