ジェームズ・キャメロンも驚嘆した映画『ライフ・オブ・パイ』新映像が公開!

2012.12.12 12:16配信
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM

『ブロークバック・マウンテン』や『ラスト、コーション』で知られる名匠アン・リー監督の最新作『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』の特別映像がこのほど公開された。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』新映像

本作は、動物園経営者を父に持つ16歳の少年パイ・パテルが船の事故に遭い、どう猛なベンガル・トラと小さな救命ボートに乗り込んで227日にもおよぶサバイバル生活を展開する様を、美しい自然の風景を交えて描き出した感動作。

このほど公開された映像は、劇中映像を交えながらリー監督が作品について振り返り、リー監督に撮影機材を貸し出したデジタル3Dの第一人者ジェームズ・キャメロンが本作に絶賛の声を寄せている様子を捉えたもの。キャメロン監督は以前より本作について「冒頭から不思議な光景で物語に一気に引き込まれ、その旅は驚きと恐怖に溢れ、そして実に美しいんだ。これ以上の作品はない。アン・リー監督は、3D映画の概念を崩した。これこそ3D映画のあるべき姿だ!」と公言しており、映像でも本作の魅力とリー監督の才能について熱く語っている。

また映像で注目なのは、随所に登場する映画のハイライト・シーンとメイキングだ。リー監督は本作で3D映像とデジタル技術を駆使して、少年とトラの漂流生活を、言葉を極力用いることなく、絵画のような美しさをもった“動く映像”で描き出そうとしている。これまでも美しい映像や個性的なビジュアルの映画は多く存在したが、よく観ると背景がCGで描かれているだけだったり、単に“CGの美しさ”だけが強調され、映画としての魅力に乏しい作品も多かった。

しかし、本作では“一切の波が消えて鏡面のように空をうつし出す海面”など、現実的にはありえない現象をあえて描き出すことで、自然描写をストーリーを語る極めて重要な要素として扱っている。今回の特別映像で紹介されているのは、ほんの一部だが、荒野をかけるミーアキャットの大群や海面を疾走するトビウオの群れ、海面から出現して宙を舞うクジラなど、華麗な映像が単なる“背景”以上の役割を果たしており、リー監督が意図した“大画面3D”で観賞することで、さらに作品を深く楽しむことができそうだ。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
2013年1月25日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開
※3D/2D同時上映

いま人気の動画

     

人気記事ランキング