東芝、リモコン操作だけで「待機電力ゼロ」になる液晶テレビ「レグザ 32BE3」

2011.11.24 15:49配信
レグザ 32BE3

東芝は、新開発の半導体「ecoチップ」を搭載し、リモコン操作だけで待機電力が0Wになる32V型液晶テレビ「レグザ 32BE3」を12月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

「エコ待機」モード設定時にリモコンの電源ボタンでオフにすると、大容量キャパシターに充電した電力で「ecoチップ」が動作し、AC電源をリレーで切断することで、コンセントからAC電源プラグを抜いた時と同等の待機電力ゼロワット効果が得られる。「ecoチップ」は内部にタイマー機能を搭載し、リモコンの受光素子やリレーも大容量キャパシターの電力で動作するので、待機電力が0W時でもリモコン操作や予約録画ができる。なお、約10時間以上待機状態が続くと、大容量キャパシターを充電するために、約3分間、平均0.5W程度の電力を消費する。さらに、リモコンの「節電」ボタンを押すと、画面の明るさや画質を調整して効果的に節電する「節電モード」も搭載する。年間消費電力量は45kWhで、従来機種に比べ約27%削減した。

液晶テレビとしては、LEDバックライト採用のハイビジョン液晶パネル、高画質映像処理システム「レグザエンジン」による超解像技術を採用した「レゾリューションプラス4」を搭載し、コントラストが豊かで高画質な映像を映し出す。

地上デジタルとBS・110度CSデジタルチューナーを搭載。番組表から簡単に録画予約ができる「シングルチューナー留守録」機能を搭載し、市販のUSB接続HDDに簡単に録画することができる。このほか、テレビ視聴時に大きなデジタル時計を表示する「いつでも時計」機能、設定時刻に合わせて音量や明るさが徐々に増したり、低減したりしていく「だんだんオンタイマー/だんだんオフタイマー」などの機能を搭載する。

また東芝は、同時に「電力ピークシフト機能」対応の19V型液晶テレビ「レグザ 19P2」のカラーバリエーションとして、新たにホワイトモデル「19P2(W)」を11月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

本体色ブラックの「19P2」同様、本体にバッテリパックを搭載し、リモコンの「ピークシフト」ボタンを押すだけで、テレビの使用電源をAC電源からバッテリ電源に切り替え、約5時間の充電で約3時間、バッテリ駆動で地上デジタル放送を視聴できる。ワンセグにも対応し、付属のアンテナを使用すれば、停電などで家のアンテナで通常放送が見られなくなった場合でも、ワンセグ放送を視聴できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング