マカフィー、消費者に注意を喚起する「2012年、12のオンライン詐欺」を発表

2012.12.13 19:5配信

マカフィーは、12月13日、クリスマスや年末年始に向けて、消費者に注意を喚起するレポート「2012年、12のオンライン詐欺」を発表した。

紹介されているオンライン詐欺は、「ソーシャルメディア詐欺」「不正なモバイルアプリ」「旅行詐欺」「ホリデーシーズンのスパム/フィッシング」「iPhone 5、iPad miniなど人気商品のギフト詐欺」「Skypeメッセージの恐怖」「偽のオンラインギフトカード」「ホリデースミッシング」「偽のネット通販業者」「チャリティフィッシング詐欺」「危険な電子グリーティングカード」「偽の三行広告」の12種類。

「ソーシャルメディア詐欺」は、SNSの「友人」からのギフトやディスカウントを装った不正なリンクで、クリックするとアカウントを乗っ取られ、自分のSNSの友人にニセのメッセージを送りつけてしまう可能性がある。

「不正なモバイルアプリ」では、個人情報を盗み出したり、勝手にテキストメッセージを送信したりする悪意のあるスマートフォンアプリ、「旅行詐欺」では、金融機関の情報を引き出すために詐欺師が用意した非常に安い料金を掲げたニセの旅行代理店のウェブページに対して、それぞれ警告を発している。

「ホリデーシーズンのスパム/フィッシング」では、多くの迷惑メールのタイトルが、特別な人へのプレゼントなど、ホリデーシーズンに関連したものになることを指摘。「iPhone 5、iPad miniなど人気商品のギフト詐欺」は、プレゼントの案内を装った個人情報を盗むフィッシングメールやマルウェアをダウンロードさせようとする危険なリンクを警告している。

「Skypeメッセージの恐怖」は、PCやスマートフォンをマルウェアに感染させ、さらにファイルを人質に取ろうとする新手のSkypeメッセージへの注意を喚起。「偽のオンラインギフトカード」は、ニセのギフトカードを販売する詐欺に対して、また「ホリデースミッシング」は、SMSテキストによるフィッシング詐欺に対して注意を促している。

「偽のネット通販業者」は個人情報を盗み出そうとするニセのネット通販サイトで、代金を送っても商品が送られてくることはない。「チャリティフィッシング詐欺」では、ホリデーシーズンの寛大な心につけ込んだ詐欺メールに対する警告を発している。

「危険な電子グリーティングカード」は、スパイウェアやウイルスが仕込まれた不正な電子グリーティングカードへの注意を喚起。「偽の三行広告」は、過度に個人情報を要求したり、送金を求めたりするアルバイト広告の大半が詐欺である可能性が高いことを指摘している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング