映画館の出口で調査し続けて判明! 2012年最も高評価の映画は?

2012.12.14 11:50配信
『最強のふたり』(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

実際に映画館前で観賞後の観客に作品の“満足度”を調査した結果をまとめた2012年年間満足度ランキングBest10が発売中の「ぴあ Movie Special 2012-2013」で発表された。2012年に公開された多くの新作映画の中で観客が最も高い評価を与えたのは、現在も公開中のフランス映画『最強のふたり』だ。

その他の写真

本作は、富豪のフィリップと、彼を介護するため雇われた黒人青年ドリスとの交流を描いたヒューマン・ドラマ。本国フランスを始めとするヨーロッパでの大ヒットや、映画祭での評判によって、公開初日から満席の回が続出。平日も動員が落ちることはなく、公開規模は大きくないものの、現在もロングラヒットを飛ばしており、記録的なヒット作となることは間違いない。

出口調査では「ふたりの掛け合いにお腹を抱えてげらげら笑った」「新しい発見があり、障がい者との接し方を改めて考えさせられた」「ふたりの信頼関係には、それぞれの人間性が表れていて、外見や人種の違いをこえたハートを感じることができた」など、世代をこえて熱い支持を集めた。

ちなみに年間ランキングは例年にない接戦で、ベスト10内には『ダークナイト ライジング』や『アルゴ』『わが母の記』『しあわせのパン』などの作品がランクインしている。

※本ランキングは2012年1月1日から11月30日までに公開された411本を対象に、ぴあ出口調査隊が公開初日の満足度調査を行った作品から作成。

「ぴあ Movie Special 2012-2013」

『最強のふたり』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング