セルシス、「QUMA」技術によるヒト型3D入力デバイス、フィギュアで3DCGを操作できる

2011.11.24 17:4配信
「QUMA」技術によるヒト型3D入力デバイス

セルシスは、「QUMA」技術を応用したヒト型3D入力デバイスを、2012年5月に発売する。価格は6万円前後になる予定。

「QUMA」は、3Dデータを操作するための、多数の関節センサで構成する入力装置やその制御機構に関する技術。3Dコンピュータグラフィックスソフトの操作に関する訓練を受けなくても、コンピュータ内の任意のヒト型キャラクターを操作できる。ソフトイーサとビビアンが中心となって研究開発を進め、セルシスも2009年から主にソフトウェア分野で協業してきた。

「QUMA」技術による入力デバイスを使用することで、従来は自由自在に操ることが難しかった3Dコンピュータグラフィックスモデルを、手元で直感的に操作することができるようになる。初心者でも、3Dの静止画やアニメーションが簡単に、効率的に制作でき、まったく新しいエンタテイメントやコンテンツサービスの創造など、グラフィックコンテンツ関連市場の拡大が期待できる。

セルシスでは、ヒト型3D入力デバイスをすぐに活用できるグラフィックツールと3Dキャラクターのセット商品や、創作活動応援サイト「CLIP」の会員専用コースの設定などの提供方法を予定。今後、同社の「Tab-Mate Controller」との連動など、サポートデバイスを拡充する。正式なラインアップや価格は、後日改めて発表する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング