セルシス、マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」、プロやハイエンドユーザーのニーズに応える機能を追加

2012.12.14 12:59配信
CLIP STUDIO PAINT EX

セルシスは、Windows/Mac OS Xに対応するマンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX」のダウンロード版とバリュー版を、12月20日に「創作活動応援サイトCLIP」で発売する。価格はダウンロード版が2万2000円、バリュー版が月額500円。2013年2月1日に発売するパッケージ版は3万5700円。

イラスト制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」の上位版。カラーイラストを制作するための各種作画や彩色ツールに加えて、「CLIP STUDIO PAINT PRO」にはないプラグイン機構を実装。拡張性が高く、プロやハイエンドユーザーのニーズを満たす機能を追加している。

ネーム、下描き、コマ割り、ペン入れ、トーン、背景・効果線の作画、トーン貼り、吹出し作成、セリフの入力など、マンガ制作の工程をすべてPC上で行うことができる。高度な筆圧感知機能によって自然でリアルなタッチを実現し、線のブレや乱れを抑える補正機能や、線の描き始めと終わりに強弱をつける「入り」「抜き」などの設定項目で、イメージ通りのタッチを再現する。

拡張したベクター形式によって、ペンに加えて鉛筆や筆などの表現にも対応。拡大・縮小しても描線の美しさが変わらず、描画後でも加工できる。また、描画した内容をそのまま白黒の網点トーンに変換でき、描き足したり、削ったり、線数や濃度を変更したりと、貼った後でも自由に加工できる。吹出しやコマ割り、効果線などのマンガ用素材を多数収録する。

このほか、作業効率の高い塗りつぶしツールや作業手順を登録して自動化するオートアクション機能、プラグイン機能など、作業効率やクオリティを高める機能を数多く搭載している。

別売の左手用デバイス「Tab-Mate Controller」を使えば、右手にペンを持ったままキャンバスの拡大や縮小、回転や取り消し、やり直しなどの作業を左手ですばやく実行できる。また、下描きに便利な3Dデッサン人形や、3Dデータや写真から背景を作る2DLT・3DLTレンダリング機能など、作画をサポートする機能を搭載する。

「Adobe Photoshop」のPSDとPSB形式の入出力ができ、レイヤー構造を維持したままファイルの読込みや保存ができる。印刷に適したCMYK形式での入出力にも対応する。対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.8/10.7/10.6(10.6.7以上)。なお、Windows Vista/XPの64ビット版には対応していない。

「CLIP STUDIO PAINT EX」の発売に合わせて、プラグインを開発する「CLIP STUDIO PAINT SDK」の公開を予定しており、2013年1月末からは開発者を対象に「CLIP STUDIO PAINTプラグイン開発コンテスト」を開催する。最高賞金額は100万円で、著名なクリエイターや開発者が審査員に就く。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング