鍋料理専門店「黒太鼓 池袋」にて、従来の鍋メニュー17種に加え、新作鍋12種を投入した2017~2018年の冬向け全29種の鍋メニューが10月1日(日)より、スタートしました。見た目にもインパクトのある『マウンテン肉鍋』など、個性豊かな「鍋」が勢揃いです。

■『肉肉肉×29(にく)盛り辛鍋~赤マグマ仕立て~』1,770円
■『肉肉肉×29盛り黒ゴマ鍋~黒炭仕立て~』1,750円
■『肉肉肉×牛牛牛29盛り豪華鍋』2,680円

高さ29cmのマウンテン肉鍋「肉肉肉×29盛り鍋」は、「これでもか!」と、キャベツのまわりに豚肩ロースをガッツリと敷き詰めた“超ど級”のインパクト鍋です。真っ赤な辛味噌で楽しめる元祖「火山」仕立てと、クリーミーな「雪山」仕立てに続き、今年は“辛さMAX”な「赤マグマ仕立て」と、黒ゴマの「黒炭仕立て」の2種のマウンテン肉鍋が用意されています。さらに待望の「マウンテン牛鍋」も揃い、全5種類のマウンテン肉鍋が揃いました。

『★極★高高高ニラ肉鍋』1,690円

「マウンテン肉鍋」を超える高さを誇るタワー鍋には、これまで鍋の名わき役だった「ニラ」が主役となり、そびえ立っています。高さ「35cmのニラ」は圧巻の一言です。また、厚切りチャーシューとの相性も抜群です。ニラは古くから薬草として食べられてきた野菜で、免疫力を上げる「冬の健康」に欠かせない優秀な野菜です!

ぶっかけとろろ鍋

■『どっさりキノコのふわとろとろろ鍋』1,810円
■『鶏肉と明太子のとろろチーズぶっかけ鍋』1,790円
■『トリプルチーズ鍋』2,190円

『たっぷりキノコのふわとろとろろ鍋』は、キノコの上にたっぷりのトロロをぶっかけた豪快な鍋です。「濃厚なキノコの出汁」と「トロロの味わい」が合わさった、まろやかな鍋を堪能することができます。

『鶏肉と明太子のとろろチーズぶっかけ鍋』は、目の前でぶっかける「明太子チーズ」に目を奪われます。 濃厚な「とろろチーズ」は、鶏肉と絡み合って旨さ倍増です!

「モッツアレラ」×「グラナパダーノ」×「ナチュラルチーズ」の3種類のチーズが入った『トリプルチーズ鍋』は、「鶏ガラチーズ」の出汁に、ごろごろと大ぶりにカットしたモッツァレラチーズが浮かび、食べる直前にお好みでシュレッドチーズと粉チーズをかけて、とことんチーズを楽しむことができる、チーズ好きにはたまらない美味しさの鍋です!

『チーズチーズチーズ×トリプルチーズ鍋』2,190円

■『辛辛辛パクチー盛り辛鍋』1,880円
■『どっさりパクチーしゃぶしゃぶ』1,880円
■『厚切りチャーシューとどっさりパクチーのレモン鍋』1,680円

レモンと鶏肉でさっぱりと食べられる「レモン鍋」や、パクチーとプリッキーヌの辛味の絡み合いが織り成す激辛鍋「辛鍋」、パクチーを包む「パクチーしゃぶしゃぶ」と、パクチー好きにはたまらない3種類の鍋も登場しました。

他にも、みずみずしくコクのある味わいの花咲蟹の出汁と、冬の味覚の王様・あん肝との濃厚な味わいの組み合わせが魅力の『花咲(はなさき)蟹(がに)×あん肝のW濃厚味噌鍋』や、シャキシャキとした歯ごたえと、野性味のある味わいが魅力のゴボウを、アナゴと一緒に醤油ベースの甘辛い出汁で煮込んだ『穴子(あなご)と牛蒡(ごぼう)の和鍋』など、食べてみたくなる鍋が盛りだくさんの「九州黒太鼓 池袋」。ぜひお店で鍋を選ぶ楽しさを体感してみては?

■店名 :九州黒太鼓 池袋(きゅうしゅうくろだいこ いけぶくろ)
■住所 :東京都豊島区南池袋2-16-8 鈴和ビルB1
■TEL :03-3985-2191
■アクセス:JR、私鉄、地下鉄 池袋駅 西武口より徒歩3分
■営業時間:17:00~24:00、金・土・祝前日17:00~翌3:00

「うまい肉」更新情報が受け取れます