映画『レ・ミゼラブル』がゴールデングローブ主要4部門候補に

2012.12.14 15:46配信
アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン(写真は『レ・ミゼラブル』NYプレミアの模様)

第70回ゴールデングローブ賞の候補作品が今年も発表された。間もなく日本公開となるミュージカル映画『レ・ミセラブル』は作品賞(コメディ・ミュージカル部門)、主演男優賞、助演女優賞、主題歌賞の4部門にノミネート。現段階では日本未公開作が多い中、いち早く候補作の“実力”を映画館で確認できる。

その他の写真

本作は、1985年初演以来27年間ロングラン上演を続ける同名ミュージカルを映画化したもの。ひと切れのパンを盗んだために19年もの間、牢獄生活を送ったジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)を主人公に、激動の時代を生きた人々の姿を描いた一大巨編だ。

ゴールデングローブ賞は、ハリウッド外国人映画記者協会の会員の投票により決定する賞で、“アカデミー賞の前哨戦”として毎年、大きな注目を集めている。ちなみに作品賞の候補リストを眺めると現在、日本で観賞できるのは『アルゴ』と『砂漠でサーモン・フィッシング』のみで、21日(金)から『レ・ミゼラブル』も観賞することができる。

なお、『レ・ミゼラブル』では作品賞だけでなく、主演男優賞(ジャックマン)、助演女優賞(アン・ハサウェイ)、そして主題歌賞でも候補入りを果たした。ちなみに監督賞にはノミネートされなかったが、本作を手がけたトム・フーパー監督は前作『英国王のスピーチ』で主演のコリン・ファースを主演男優賞に導いており、最新作でもジャックマンとハサウェイの受賞に期待したいところだ。

第70回ゴールデン・グローブ賞の授賞式は来年1月20日(日本時間)に、ロサンゼルスのザ・ビバリー・ヒルトンで行われる。

■第70回ゴールデン・グローブ賞 作品賞候補

『レ・ミゼラブル』

第70回ゴールデン・グローブ賞授賞式
2013年1月20日(木) 20:00よりAXNで国内独占放送

いま人気の動画

     

人気記事ランキング