マカフィー、Android端末用セキュリティアプリ「McAfee Mobile Security」最新版、業界初のアプリロック機能を搭載

2012.12.14 17:27配信
McAfee Mobile Security

マカフィーは、12月14日、Android搭載端末向けのセキュリティアプリ「McAfee Mobile Security」の最新版を、オンラインショップ「マカフィー・ストア」で発売した。価格は、1年間1台で2980円。すでに「McAfee Mobile Security」を利用中のユーザーは無料でアップデートできる。

新バージョンでは、ログイン情報を記憶するFacebookやLinkedIn、Gmailなどの一部のアプリに対して、「McAfee Mobile Security」のアカウントに関連づけられているものと同一のPIN(暗証番号 )によってインストール済みのアプリをロックして、不正使用を防ぐ。

スムーズな操作や、保護の効率を改善する機能を新たに追加。ユーザーインターフェースのデザインを一新し、マカフィーの他の個人用製品と共通の操作性をもつ。また、わかりやすい色分け表示によって、各機能をより使いやすくしている。

バッテリ使用効率の改善やファイルサイズを圧縮するとともに、マルウェア検出機能を300%向上。「Global Threat Intelligenceネットワーク」を利用して、300万件以上のアプリをスキャンする。

対応OSは、Android 4.1/4.0/3.2/3.1/3.0/2.3/2.2/2.1、BlackBerry 7.0/6.0/5.0/4.7/4.6/4.5、Symbian S60 5th Edition/3rd Edition、Symbian ^3。Google Playで、無償の無償トライアル版を配布している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング