市川染五郎、2月に舞台復帰。「生かされた責任と役目を全うしたい」

2012.12.14 17:50配信
左から市川染五郎、松本幸四郎、中村福助 左から市川染五郎、松本幸四郎、中村福助

8月に舞台のセリから転落して大ケガを負った歌舞伎俳優の市川染五郎が都内で会見を開き、復帰舞台となる『日生劇場 二月大歌舞伎』への意気込みを語った。会見には父・松本幸四郎、共演の中村福助も登場した。

『日生劇場 二月大歌舞伎』チケット情報

染五郎は「2月に舞台に出させていただくことを許され、感謝しております。自分がもしかしたら(この場に)いなかったかもしれないということを考えますと、生かされた責任と役目を全うして勤めてきたいと思います」と挨拶。幸四郎は「こうして制作発表が出来る日がくるとは、私も一時は思いませんでした」と一時は最悪の事態を覚悟をしたほどの大ケガだったことを思い、染五郎の復帰を心から喜んでいる様子だった。「(口上では)役者としてよりも、父・幸四郎として、ご挨拶とお詫び、お礼、そしていろいろなことを歌舞伎の口上の形式を借りて申し上げたいと思います」と語った。

福助は、義兄の中村勘三郎さんが12月5日に亡くなったばかりとあって、その話に質問が及ぶと「勘三郎兄さんは病床の中でも染五郎さんの容体を気にしていました。きっとこの復帰公演も天国から応援してくれると思います」と話し、染五郎も「常に歌舞伎に対して危機感を持っていたんじゃないかと思います。その精神を受け継いで、生きている歌舞伎を作っていきたいと思っています」と勘三郎さんへの想いを語った。

公演は2月4日(月)から26日(火)まで東京・日生劇場にて上演。チケットは12月20日(木)より一般発売開始。なお、チケットぴあでは12月16日(日)11:00までインターネット先行抽選・プレリザーブを受付中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング