麻生久美子&大泉洋が語る『グッモーエビアン!』の“ロック”な家族とは?

2012.12.17 17:5配信
(左から) 大泉洋、麻生久美子

血は繋がっていないが、人一倍お互いを想いあう破天荒“一家”の姿を、パンクロックのビートに乗せて描く音楽家族ムービー『グッモーエビアン!』。本作で初共演&ダブル主演を果たした麻生久美子と大泉洋が、ロックな家族として作品世界で過ごした感想を語った。

その他の写真

元パンクロッカーのアキ(麻生)と真面目な中学生の娘ハツキ(三吉彩花)、そしてアキのバンドの元ボーカルでハツキとは他人の自由人ヤグ(大泉)の共同生活を通じて、家族の在り方と少女の成長を描く本作。変わった“家族”だが、素直に気持ちをぶつけ合う3人の絆は本物の家族以上に温かい。撮影前の準備について麻生が、「監督のお子さんの学校で起こったことなどを記したお手紙をいただいて。とてもイメージしやすかったです」という山本透監督との秘話を明かすと、「あれ? そのお手紙、僕はいただいてないですね…」と大泉は自身との“差”に驚愕! 山本監督は個々のキャストに応じたキメ細かい演出プランを練っていたようで、自身の作品に対する深い愛情が分かるエピソードが明らかになった。

ところで、本作のキャッチコピーは、“ROCKじゃなきゃ、家族じゃない!?”。ただ、麻生も大泉も当初、「ロック魂がなかった」ことを山本監督に告白したそうだが、パンクなアキ、自由人のヤグを演じて、自分流に“ロック”感を受け止めたことを明かす。「この映画でいうロックは自由で弾けている、何にも囚われないことだとすれば、僕はそういう人間じゃないので、うらやましいと思いました」と大泉は説明。また、自分の仕事を例に考えた麻生は「もっと仕事を楽しむ余裕がほしいです」と言い、「まだそれどころじゃなくて、いっぱいいっぱいですね(笑)」とアキのように焦らないマイペースな人生に憧れを示した。

本作のアキ、ハツキ、そしてヤグの場合は“ロック”をキーワードに絆を深め、“家族”のひとつの理想形になっていく。「よくある形ではないけれども、温かい“家族”であることは間違いないですね」(大泉)、「わたしはアキちゃんほど心が広くないので働かないヤグを応援できないけれど、彼には人として大切な部分が残っています。女の人は、きっと分かってくれると思いますよ(笑)」(麻生)と最後に“ロック”な家族に共感することを強調した麻生と大泉。人が生きていく上で最も大切なことを破天荒に諭す3人に会いに行こう!

『グッモーエビアン!』

取材・文・写真:鴇田 崇

いま人気の動画

     

人気記事ランキング