Softbank版iPhone5で、テザリングをWi-Fi、Bluetooth、USB接続で徹底比較した

12月15日。SoftBank版iPhone5でもテザリングが開始されました。そこで今回は実際にテザリング設定を試しながら、Wi-Fi、Bluetooth、USB接続と、接続方法によるメリット・デメリットを徹底解説!

 

去る12月15日。SoftBank版iPhone5でもテザリングが開始されました。前回 [ ure.pia.co.jp/articles/-/11085 ] はテザリングとは何なのか? テザリングを有効にするには? テザリングの価格は? といったポイントをチェックしましたが、今回は実践編として実際にテザリングを設定してみましょう。なお、SoftBank版のiPhoneでの検証となりますが、au版も手順は同じなので、参考としてどうぞ!

テザリングとはなんぞや? という点はこちらの記事 [ ure.pia.co.jp/articles/-/11085 ] で詳しく解説していますが、iPhone5のを通じてiPadやMac、Windowsパソコン、ゲーム機などでインターネットが利用できるようになる機能です。au版iPhone5は発売当初から実装されていた機能ですが、SoftBank版iPhoneは12月15日より機能が解禁されました。

では実際にテザリングを利用する手順をご紹介していきましょう。
 

テザリングが有効になっていることを確認

以前の記事 [ ure.pia.co.jp/articles/-/11085 ] で紹介した「テザリングオプション」への申し込みが済んでいて、設定が済んでいる場合。iPhone5の「設定」を開くと「インターネット共有」という項目が追加されていると思われます。

 

もしこの項目が無い場合は、一度iPhoneの電源をオフにした後、再びiPhoneの電源を入れると表示されるはずです。「インターネット共有」が表示されたらそちらをタップしましょう。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング