オスカー有力候補ブラッドリー・クーパーが新作を引っ提げ来日決定!

2012.12.20 10:00配信
『世界にひとつのプレイブック』(C)2012 SLPTWC Films,LLC. All Rights Reserved.

本年度のゴールデン・グローブ賞で主要4部門にノミネートされている映画『世界にひとつのプレイブック』が来年2月に日本公開される前に、主演のブラッドリー・クーパーがPRのために来年1月下旬に来日することが発表された。

本作の主人公はクーパー演じるパット。彼は妻の浮気が原因で心のバランスを崩し、職も家も失くしてしまう。そんな彼はある日、過激な発言と突飛な行動を繰り出す女性ティファニー(ジェニファー・ローレンス)に出会い、彼女に強引に誘われるカタチでダンスコンテストに出場することに。映画は奇妙な縁でタッグを組んだふたりが人生の再起に挑む姿を描いていく。

主演のクーパーは、1975年生まれの米国人俳優。コメディ映画『ハングオーバー』で一気に注目を集め、米ピープル誌では“世界一セクシーな男”と称された。本作では主演だけでなく製作総指揮も担当し、すでにナショナル・ボード・オブ・レビューやインディアナ映画批評家協会賞など数々の映画賞で主演男優賞に輝いている。ちなみに本作の監督を務めたのは前作『ザ・ファイター』でクリスチャン・ベールとメリッサ・レオにオスカーをもたらしたデヴィット・O・ラッセルで、本作のクーパーの演技にも大きな注目が集まっている。

クーパーの来日は『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』公開時以来、約2年5ヶ月ぶり2度目で、来年1月下旬に来日し、本作のイベントに登壇する予定だ。

『世界にひとつのプレイブック』
2月22日(金) TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング