ソフトバンクBB、iPhoneなどで使える小型の放射線測定器「Pocket Geiger Type4」

2012.12.20 17:44配信
Pocket Geiger Type4とiMetry

ソフトバンクBBは、「SoftBank SELECTION」ブランドで、簡単な操作で放射線量を測定できるiPhone/iPad/iPod touch用小型放射線測定器「Pocket Geiger Type4」と、セシウム134、137(134Cs/137Cs)の簡易スクリーニングに特化したiPad用簡易スペクトロメトリ(分光測定器)「iMetry」を、「SoftBank SELECTIONオンラインショップ」で発売した。オンラインショップでの価格は、「Pocket Geiger Type4」が6450円、「iMetry」が4万9800円。

「Pocket Geiger Type4」は、PINフォトダイオードを採用。約2分の高速・高精度測定を実現する。専用の無料アプリ「ポケットガイガーLite」または有料の「ポケットガイガーPro」をインストールしたiPhone/iPad/iPod touchのイヤホンジャックに差し込むと、簡単な操作で空間線量を測定できる。

宮城県石巻市内の工場で組み立てた日本製。対応機種は、iOS 4.2以上を搭載したiPhone 5/4S/4/3GS、iPad(第3・第4世代)、iPad 2、iPad(初代)、iPad mini、iPod touch(第3世代の32GB/64GBモデルと第4・5世代)。音波で給電するので電源は不要。サイズは幅約34.0×奥行き61.0×高さ12.0mm(突起部を除く)で、重さは約24.0g。カラーはシルバー。

「iMetry」は、放射線量や放射性物質などの知識をもつ人向けの製品。半導体+CsI(Tl)シンチレーター方式の高感度センサーを採用した簡易スペクトロメトリで、より多くの放射線を捉えることで高い分解能で放射線量を計測し、低線量下のわずかな放射線も検出する。電源はUSBで、専用アプリをインストールしたiPad/iPad miniとイヤホンジャックに差し込んで利用する。専用アプリは、無料の「iMetry Lite」に加え、有料版を発売予定。計測結果はiPadに表示し、時間経過による変化をグラフで確認できる。サイズは幅約25.0×奥行き53.3×高さ25.1mm(突起部を除く)で、重さは約42.8g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング