ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

ヴァイッド・ハリルホジッチの怒りも頷ける。それだけ10月10日『キリンチャレンジカップ2017』ハイチ代表戦での日本代表のパフォーマンスは低調だった。何とか3-3に持ち込んだ試合後、ハリルホジッチ監督は怒りと憤りの言葉を並べた。

【チケット情報はこちら】

「多くのチャンスを作って2-0にしてから、選手たちの頭の中に何が起こったか、私にはわからない。ゴールをしてから、すべてが止まってしまった。今日は、これまでプレーしてこなかった選手にかなりのチャンスを与えた。選手たちも最終メンバーに入りたいだろうから、いろいろ見せてくれると思ったが、長年監督をしてきて、こんなに良くない試合は初めてだ。このような試合をした後に、『W杯』について語るのは愚かだと思われるだろう」

今回の『キリンチャレンジカップ』ではFW岡崎慎司、MF長谷部誠、本田圭佑といったここ数年の主軸を召集しなかった。試合前には「『W杯』はここから始まる。ロシアへのキップは誰ひとり保証されてはいない。選手たちが自ら勝ち取らなければならない」と選手たちを鼓舞した。だが、GK東口順昭が凡ミスをおかし、CB昌子源&槙野智章、アンカーの遠藤航も軽いプレーを見せた。チャンスに飢えたサブ組がニュージーランド、ハイチを相手にアピールし、日本代表のサバイバルが激化するという青写真は脆くも崩れ去ったのだった。

指揮官はさらに謝罪の言葉も述べた。

「今日の試合は理解できない。ただ、サポーターには、私の名のもとに本当に謝罪したい。心の底から、駆け引きなしで謝りたい。本当に申し訳ない」

また、ハリルホジッチ監督は「この1試合で我々がやってきたことが台なしになったわけではない。我々がここまでやってきたことについては自信を持っていい」とも言った。

11月にはブラジル代表、ベルギー代表と対峙する欧州遠征が控える。12月には韓国代表、中国代表、北朝鮮代表と雌雄を決する『EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会』が待っている。欧州遠征ではベストメンバーで世界トップクラスの国に挑戦し、ホームで迎える『E-1』では国内組をテストするのだ。

『W杯』で勝利するための強化の道は、11月からリスタートすることになる。これまで出番のなかった国内組はハイチ戦と同じ轍を踏まないだろう。Jリーガーたちはチャンスがそう多くはないことを知っている。そして今回のハリルホジッチの強烈なメッセージを忘れない。

『E-1』は12月9日(土)・韓国×中国・日本×北朝鮮、12日(火)・北朝鮮×韓国・日本×中国、16日(土)・中国×北朝鮮・日本×韓国を味の素スタジアムにて開催。チケットは10月14日(土)午前10時より一般発売。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます