株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人)及び住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:円山法昭)は、平成29年10月10日(火)時点において、両社がそれぞれ提供するロボアドバイザー「THEO+ SBI証券」及び「THEO+ 住信SBIネット銀行」の合計口座開設数が、サービス開始わずか2ヵ月余りで※110,000口座を突破したことをお知らせいたします。

「THEO+ SBI証券」及び「THEO+住信SBIネット銀行」は、株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村仁、以下「お金のデザイン社」)の提供するロボアドバイザー「THEO」を両社それぞれのお客さま向けにカスタマイズした次世代の資産運用サービスです。より多くの個人投資家の皆さまに最先端の資産運用サービスを提供するべく、インターネットを通じた金融サービス提供のノウハウ及び圧倒的な顧客基盤を有するSBIグループと、次世代の金融テクノロジーを持つお金のデザイン社との協業により、サービスを開始いたしました。

 このたびSBIグループのロボアドバイザーがサービス開始わずか2ヵ月余りで合計10,000口座を達成することができたのは、年率1%(税別)という低価格な手数料で、かつ最低投資金額が1万円で手軽に最先端の国際分散投資が利用できる点が評価されたものと考えております。
 SBIグループは、今後もお客さま一人ひとりに最適な金融商品を提供する「日本最大の金融商品ディストリビューター」を目指し、魅力ある商品・サービスの提供を通じて、個人投資家の皆さまの資産形成を支援してまいります。

■THEO(テオ)の特徴
 お金のデザイン社の提供する「THEO」は、独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスです。お客さまの年齢や金融資産額に基づき、ロボアドバイザーが、世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し、運用します。1万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率、税別)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチとして、20代、30代を中心に利用が広がっています。

■THEOの名前の由来について
 画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名付けられました。生前、絵が一枚しか売れなかったゴッホを経済的に支え、励まし続けたのがテオでした。テクノロジーによって、わかりづらい金融の仕組みを解放し、お金を将来の不安から希望に変えることで、自分らしく挑戦していける人を応援したい、そんな想いからTHEOと名付けられました。

■会社概要
名称    株式会社お金のデザイン(MONEY DESIGN Co., LTD)
所在地   東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1階
代表者   代表取締役社長  中村仁
事業内容  投資運用業および投資助言・代理業 / 第一種金融商品取引業
加入協会  一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会
URL    https://www.money-design.com/
設立年月日 2013年8月1日

■沿革
2013年8月 株式会社お金のデザイン設立
2014年5月 UTEC 3号投資事業有限責任組合(UTEC:株式会社東京大学エッジキャピタル※2)
      イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合(East Ventures)
みやこイノベーションA投資事業組合(みやこキャピタル株式会社※3)より出資を受ける
    9月 金融商品取引業者(投資運用業および投資助言・代理業)の登録
   10月 営業開始
   11月 ETF特化型資産運用サービス「ETFラップ(R)」をリリース(招待制)

2015年7月 ポートフォリオ分析のシミュレーション機能を一般に公開
12月 金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)の登録追加
      総額15億円の第三者割当増資を実施

2016年2月 10万円から始められるグローバル資産運用サービス "THEO(テオ)" をリリース
9月 総額8.1億円の第三者割当増資を実施
   11月 追加第三者割当増資を実施

2017年1月 株式会社MYDCが、個人型確定拠出年金のサービスを開始
    4月 協業モデルであるTHEO+[テオプラス] を提供開始

※1 「THEO+ SBI証券」及び「THEO+ 住信SBIネット銀行」は平成29年7月26日(水)に、それぞれサービスを開始しております。
※2 株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)は、東京大学と密に連携しているベンチャーキャピタルです。
※3 みやこキャピタル株式会社は、京都大学と密に連携しているベンチャーキャピタル(「京大ベンチャーファンド」の運営事業者として京都大学より認定)です。

<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

<THEO+ 住信SBIネット銀行に関するご注意事項>
・ 「THEO+ 住信SBIネット銀行」のご利用には、住信SBIネット銀行の口座が必要です。
・ 法人のお客さまは、現在お申し込みいただけません。
・ 住信SBIネット銀行は、お客さまとお金のデザイン社との間で締結する投資一任契約の締結の媒介及び投資一任契約に基づく取引のために必要な証券口座の開設の媒介を行い、資産の管理・運用はお金のデザイン社が行います。
・ 海外ETFへ投資を行うため、金融商品取引市場の相場の変動、為替相場の変動等により預り資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
・ 一連のサービスに対し、投資一任報酬をご負担いただきます。投資一任報酬額は預り資産の時価評価に応じ計算されるため、事前に金額または上限を提示することができません。ご負担いただく投資一任報酬等及びリスク情報につきましてはお金のデザイン社が交付する契約締結前交付書面をご覧ください。
・ 「THEO+ 住信SBIネット銀行」は預金ではなく、投資一任契約に基づくサービスのため、預金保険制度の対象ではありません。
・お金のデザイン社は、法令に従い、お客さまの資産とお金のデザイン社の資産を明確に区別する分別管理を行っております。お金のデザイン社が破たんした場合でも、お客さまの資産は全額返還されます。また、万が一分別管理に不備があった場合でも、日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行うことになっています。詳しくはお金のデザイン社までお問合わせください。
・ 「THEO+ 住信SBIネット銀行」は当投資一任契約に基づくものであるため、お客さま自身で個別の有価証券につき売買注文を行うことはできません。

住信SBIネット銀行は、お客さまに常にご利用いただける「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます