男友達はたくさんいるけれど、いまいち女性扱いしてもらえない。会話は弾むけど、なかなか恋愛関係に発展しない。そんな経験はありますか?

きっとそれは、「女性扱い」されていないのだと思います。

そこで今回は、男性に女性扱いされるために必要なことについて、まとめてみました。

女性に清潔感は当たり前!

男性が「お近づきになりたい」と思う女性の特徴は何でしょうか。ズバリ、「清潔感」と「女性らしさ」です。

この2つは女性扱いされるための土台のようなものです。どちらか1つ欠けてもいけません。男性からすれば、女性には両方あって当たり前ぐらいに思っています。

逆に、両方揃っていれば、喋り方が多少ラフでも、服装が個性的でも、ちゃんと女性扱いされます。

清潔感は分かるけど、女性らしさって?

まずは清潔感ですが、そこまで難しく考える必要はありません。薄めでもメイクをする、髪をとかす、シワのない服を着る、爪を整えるなど。社会人として当たり前の身だしなみができていれば大丈夫です。

ですが、それだけでは女性扱いはされません。清潔な服で髪も整っていても、「女性らしさ」がないと、潔癖症か神経質な女性として見られるだけです。

そもそも「女性らしさ」って、何でしょう。人によって見解が分かれますよね。今回は、あくまで一般的な男性視点による「女性らしさ」を掘り下げていきます。

男性が考える「女性らしさ」のポイント

1.体型のシルエット

どんな男性でも女性と比べれば体つきはゴツゴツしています。一方、女性には丸みをもった体のラインがありますよね。特にウエスト周りのシルエットは男性と女性は全然違います。

ジーンズでもスカートでも、体のラインが少しでも分かるとよいです。それが伝わると、男性は「女性らしさ」を感じます。

2.周りの人への気遣い

細やかな気遣いも「女性らしさ」の1つです。例えば、バレンタインデーに職場の男性へチョコレートを配る。いわゆる義理チョコです。男性としては、絶対にほしいわけではありません。

でも贈られたら嬉しい。チョコを受け取ったとき、一言でも女性と楽しい会話ができれば、ちょっといい気分になります。

はっき言って、職場で義理チョコを配る習慣はなくてもいいと思います。ですがチョコレートを贈ってくれる女性の気遣いは嬉しいものです。

逆に言えば、男性は気遣いが苦手です。職場の女性から義理チョコをもらったのに、ホワイトデーのお返しがなかなかできなかったりするのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます