エリザベス・ホワイト監督が語る『フローズン プラネット』で描きたかったこと

2012.12.25 18:49配信
エリザベス・ホワイト監督

『ディープ・ブルー』(03)『アース』(07)に続くBBC EARTH製作のネイチャー・ドキュメンタリー第3弾、『フローズン プラネット』のエリザベス・ホワイト監督が来日。専門家も驚愕した北極と南極の現在の事実を語った上で、自然環境の変動にアラートを鳴らした。

予告編

日本でも大ヒットした前述の2作品に続く本作は、南極と北極に特化した意欲作。製作期間4年。北極圏内だけでなく、広範囲を網羅した前人未到の南極圏の映像を収めることに成功した唯一の作品だ。2007以降、同プロジェクトに専門家として積極的に関わるホワイト監督も、「つららが海底に向かって伸びてヒトデなどの生物を瞬殺で冷凍する光景や、シャチがチームワークでオットセイを仕留める行動に驚いたわ」と撮影現場では相当興奮したそう。「特にシャチの生態は学会で発表したほどで、学者としては大変な発見なの」と専門家レベルでも感嘆する貴重な映像集に! 将来の研究の資料にもなるという。

総撮影日数2,356日、世界初映像の数々を収め、大自然の真実を描く。膨大な時間と予算、人間を割いてまで同プロジェクトを進める目的には、次の2点があるとホワイト監督は説明する。「大変なリソースを費やしているので、エンターテインメントとして大勢の人に提供したい理由のほかに、極地そのものの理解、教育を行いたい希望があるのよ」。たとえば、北極の氷。今年9月の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の発表によれば、氷の面積が観測史上最小記録を更新した。「変化が止まらない今、人々が画で理解できる作品を作ることに意味があって、ベストなタイミングよ。そして、映像作品以外に方法はないと思うの」。

地球規模で自然環境が悪い方向に進行中であることは、誰だって気づいてはいる事実だ。「実際に北極の氷が解けている影響は各地に出ていて、イギリスでもジェットストリームが変わってしまったの」とホワイト監督も懸念する。だが、そう悲観的になる必要もないという。「惑星全体に具体的で大きなインパクトが起こるまで、まだ時間はあると思う。でも、いずれ何かが起こる。そうなる前に、わたしたちの地球を知っておくことが重要ですね」。貴重な映像資料でもある本作を観て、ある種の警告を受け止めることも重要と言えそうだ。

『フローズン プラネット』BBCオリジナル完全版


取材・文・写真:鴇田 崇

いま人気の動画

     

人気記事ランキング