オスカー常連が集結した感動のヒューマンドラマが来年公開

2011.11.25 11:2配信
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2005年に発刊され、全世界でロングセラーを記録してる同名小説をトム・ハンクス、サンドラ・ブロックの出演で映画化した『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』が全米公開前より、本年度の賞レースの“本命”として注目を集めている。

その他の写真&予告編動画

本作は、父を亡くした9歳の少年・オスカーを主人公に、突然、愛する者を失ってしまった人間たちがいかにして自らと向き合い、去った者を想いながら“現在”を生きていくかを、3世代に渡る壮大なスケールで描いたヒューマンドラマだ。

本作の監督を務めるのは、同じく3世代の女性たちの喪失の物語を巧みなストーリーテリングで描いた『めぐりあう時間たち』を手がけ、『リトル・ダンサー』では名もなき子役のジェイミー・ベルを観客から愛される主人公へと導いたスティーヴン・ダルドリー監督。これまでの作品は、アカデミー賞をはじめとする数々の賞にノミネートされており、本作で念願のアカデミー作品&監督賞に輝くのではないかと期待されている。また、ハンクスとブロックはもちろんのこと、ダルドリー監督が抜擢した新人トーマス・ホーンがどんな演技を見せるのかも気になるところだ。

さらに、『ソーシャル・ネットワーク』『トゥルー・グリット』のスコット・ルーディンが製作を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』のエリック・ロスが脚本を、『愛を読むひと』に続いてダルドリー監督とコンビを組むクリス・メンゲスが撮影を担当。本作の主要スタッフは、過去にオスカー候補/受賞経験のある映画人で構成されており、本作がこれから始まる賞レースで“本命”として注目を集める可能性は極めて高いといえるのではないだろうか。本作は、来年1月20日(現地時間)に全米公開され、2月18日(土)から日本公開される。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
2012年2月18日(土) 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング