山田洋次監督が『東京家族』で大抜擢。世界で活躍する13歳の逸材とは?

2012.12.26 16:19配信
『東京家族』に出演した荒川ちか(C)2013「東京家族」製作委員会

監督生活50周年となる山田洋次が、小津安二郎監督の代表作である『東京物語』を現代の設定に置き換えて描いた『東京物語』。本作の中で、島に暮らす中学生で、周吉(橋爪功)ととみこ(吉行和子)を実の祖父母のように慕うユキ役として純真無垢な魅力を見せているのが、今年13歳の荒川ちかだ。

その他の画像

「出演が決まったときは、驚きました。(最終オーディションまで残っていた中で) ゲストで出ていたバラエティ番組を、山田洋次監督が見てくださってたみたいで。それが決め手になったって聞いて、さらに驚きました。番組ではずっとアニメの話を熱く語ってるだけだったので、どこを気に入っていただけたのか不思議でした(笑)」

当人はそう語るが、スクリーンを観れば誰しも納得だろう。無邪気な愛くるしさと、その演技力は世界も認めるところで、すでにして国際派。セルゲイ・ポドロフ監督も、『ヤクザガール 二代目は10歳』(2010年)で彼女を主演に抜擢。ルーマニアのコメディー・クルージュ国際映画祭では最優秀主演女優賞を受賞している。

「山田監督は巨匠といわれる方なので、怖い人なのかなって緊張したんですけど、優しい方で、撮影中も面白い話をしてくださって。演技指導もわかりやすくて、魔法使いみたいだなって思いました」

演出においては厳しいことで知られる監督が和やかだったのも、彼女を認めていればこそだろう。

「好きなシーンは、蒼井優さんに島を紹介するところと、あとおじいちゃんとおばあちゃん(平山夫妻)が観覧車を見てるところ。ほのぼのした感じがいいなって。撮影は楽しかったです。島(広島・大崎上島)もいいところで、地元の人たちと交流会でバスケをやったんですよ。誘われて楽しそうだったから、行く行く!って。でも、運動オンチで持久力がないから、迷惑を掛けてばっかりで(笑)」

そんな彼女の好きなものが、本人いわく、「トリプルA」のアクション・アート・アニメ。

「アクションも挑戦してみたいです。運動オンチでもアクションは瞬発力でなんとかなります(笑)」

将来が楽しみな逸材だ。

『ぴあ Movie Special 2012-2013』より 

『東京家族』

『ぴあ Movie Special 2012-2013』
発売中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング