「ウォッチしてシンクして!」 ルー大柴が『人生、ブラボー!』を絶賛

2012.12.26 16:16配信
『人生、ブラボー!』(C)2011 PCF STARBUCK LE FILM INC.

本国カナダのケベック州で大ヒットを飛ばし、米ドリームワークスがリメイク権を獲得した映画『人生、ブラボー!』に、ルー大柴ら著名人からの絶賛コメントが届いた。

その他の画像

『人生、ブラボー!』は、過去に仮名で行なった精子提供を通じて、533人の父親になってしまった主人公ダヴィッド(独身・42才)の物語。ある日突然、その中の遺伝子上の子どもたち142人から、身元開示の裁判を起こされたことをきっかけに巻き起こる騒動をハートフルに描いている。本作は、トロント映画祭をはじめとする各国の映画祭で脚光を浴び、スティーブン・スピルバーグ率いるスタジオ、ドリームワークスがリメイク権を獲得しているほか、インドでもリメイク製作が進行中という。

ルー大柴氏は「このムービーをトゥギャザーで観たマネージャーから、『なぜルーさんにコメントを求められたかが分かりました』と言われたのですが、私も納得。主人公がリトルビット私にダブります。生きて行く上で何を大切にするか?ぜひ皆さんにもウォッチしてシンクして頂きたいです」と絶賛。ほか、コラムニストの辛酸なめ子氏は「一見ダメ男でも精子は元気かもしれない…。この映画を観て男性の許容範囲が広がりました」。モト冬樹氏は「久しぶりに声を出して笑った。親子、兄弟、人間そのものを考えさせられた。そして最後に泣いた。これは究極のコメディ映画だ。ブラボー!」と称賛している。

『人生、ブラボー!』
2013年1月26日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング