写真左から、加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力、吉田鋼太郎 写真左から、加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力、吉田鋼太郎

7月に東京で初日を迎え、大好評を得たミュージカル『ビリー・エリオット』の大阪公演が10月15日、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて開幕した。

ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」チケット情報

本作は、映画『リトル・ダンサー』をもとに、映画版脚本家のリー・ホールが脚本・歌詞を、監督スティーヴン・ダルドリーが演出を手がけ、エルトン・ジョンが音楽で加わりミュージカル化したもの。2005年にロンドン・ウエストエンドで初演され、翌年の英国ローレンス・オリヴィエ賞4部門を受賞したほか、ブロードウェイでもトニー賞10部門を受賞するなど、全世界で80以上の演劇賞を獲得している大ヒット作だ。

舞台は1984年のイギリス、炭鉱不況に喘ぐ北部の町ダラム。ひょんなことからバレエに出合い、才能を見出された11歳の少年・ビリーが、周囲の反対を押し切って名門ロイヤル・バレエ・スクールの受験を目指す姿が描かれる。厳しい社会情勢の中でもがく大人たちの傍らで、ときには感情を爆発させながら、まっすぐな気持ちでバレエと向き合うその懸命な姿が、観る者の涙を誘う。

公演初日を前に行われた囲み取材では、1346人の中からビリー役に選ばれた加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力の5人と、お父さん役の吉田鋼太郎が登場。吉田の印象をビリー役の5人は「最初は怖かった」と口をそろえるが、「舞台に出る前に“イキイキしていこうな!”って言ってくれるから、楽しく演じられる」(木村)、「本番前の“よし、行こう!”という吉田さんのお言葉でスイッチが切り替えられる」(山城)と語るなど、吉田は舞台袖でも父親のような存在だ。

一方、公演を重ねるごとに成長し続ける5人を見て吉田は「本当にうまくなった!ダンスと歌はレッスンをすれば進歩があるけど、お芝居は相手とのコミュニケーションが重要。心で会話することを分かってきて、本当にお芝居が上手になった。今や保護者というよりも戦友のような存在です。彼らに勉強させてもらっています」と称える。そして、「誇張なしで、彼らの歌、踊り、芝居、すべてのレベルが非常に高いので、すべてのシーンが見どころです。大人が観ても何か忘れてしまったものはないか、やり残したことはないか、もう一回頑張ってみれるんじゃないかという気持ちにさせてもらえるし、ショーとしても素晴らしい。いろんなものを持ち帰っていただける作品です。これを観なかったら、観る芝居はないです!」と、力を込めて魅力を語った。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』は、11月4日(土)大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演。チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます