大晦日から元日は電話・メールがつながりにくくなる、TCAと携帯電話・PHS各社が注意喚起

2012.12.27 18:57配信
通話/メールの時間帯ごとの通信状況を予想した表

電気通信事業者協会(TCA)は、大晦日から元日の午前0時前後から約30分間、電話やメールが集中して携帯電話がつながりにくくなることが予想されるとして、「年末年始のケータイのご利用についてのお願い」をホームページに掲載した。

TCAは、ホームページで、大晦日から元日の午前0時前後から約30分間に「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、携帯電話がつながりにくくなることが予想されるほか、メールについては約2時間にわたって配信遅延が発生する可能性があること告知。通話/メールの時間帯ごとの通信状況を予想した表を「通話・メール送信ができない可能性あり」「メール配信遅延の可能性あり」「通常」で色分けして掲載するとともに、携帯電話・PHS各社がやむをえず携帯電話の利用を一時的に制限する場合があると注意を喚起している。

携帯電話・PHS各社のホームページでも、1月1日午前0時前から約30分間、利用が集中し、メールについては約2時間にわたって配信遅延が発生する可能性があることを告知。NTTドコモは、「メールを送信しても相手に届かない」という場合に、メール送信状況を確認する方法をホームページに掲載している。iモードメールとspモードメールの送信状況を宛先(ドメイン)ごとに確認できる。

KDDIは、問い合わせ先としてau電話から局番なしの「157」、一般電話から「0077-7-111」を掲載している。通話料は無料。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング