ケイト・ウィンスレット極秘結婚式にL・ディカプリオ出席

2013.1.4 18:34配信

ケイト・ウィンスレット(37)が、今月初め、こっそりと3度目の結婚をしていたことがわかった。お相手はイギリスのビリオネア、リチャード・ブランソン氏の甥にあたるネッド・ロックンロール(34)だ。

ウィンスレットとロックンロール氏が極秘で婚約をしたのは、昨年夏。ウィンスレットはこの数か月に公の場に出席しているが、婚約指輪や結婚指輪をしている姿が目撃されたことはない。ニューヨークで行われた結婚式は非常に小規模で、出席したのはウィンスレットの子どもふたりとごく少数の友人だったという。『タイタニック』『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』で2度ウィンスレットと共演しているレオナルド・ディカプリオが、ウィンスレットの手を取ってヴァージンロードを歩いたようだ。

ロックンロールは、叔父でヴァージングループの創設者ブランソン氏が経営する宇宙旅行の会社ヴァージン・ギャラクティックに勤めている。ふたりの出会いは一昨年の夏、ブランソン氏が所有するカリブ海の島の家。滞在中、火事が起こってウィンスレットほか16人の招待客は避難することになり、彼女と子どもたちがニューヨークに戻るのに付き添ったのがロックンロールだったらしい。

ウィンスレットには2度の離婚歴があり、最初の夫ジム・スレアプルトン氏との間に娘(12)、2度目の夫サム・メンデス氏との間に息子(9)をもうけている。ロックンロールにとってはこれが2度目の結婚。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング