つけ鼻が「うざい」。鹿賀丈史、3年半ぶりに当たり役『シラノ』を上演

2013.1.7 17:23配信
会見より。左から、田代万里生、濱田めぐみ、鹿賀丈史、彩吹真央、平方元基 会見より。左から、田代万里生、濱田めぐみ、鹿賀丈史、彩吹真央、平方元基

鹿賀丈史の主演ミュージカル『シラノ』が1月6日、東京・日生劇場で開幕した。

ミュージカル『シラノ』チケット情報

人並みはずれた大鼻をもつ剣豪シラノの純愛を描いたエドモン・ロスタンの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』をミュージカル化した作品。『ジキル&ハイド』の名コンビ、脚本・作詞レスリー・ブリカッス&作曲フランク・ワイルドホーンが手がけたもので、2009年に鹿賀の主演で世界に先駆けて日本初演され好評を博した。今回3年半ぶりに、鹿賀が当たり役シラノで再び舞台に立つ。

開幕前の会見で鹿賀は、特徴の大きな鼻について「うざいんですよ。歌うと普通の聞こえ方と違う。そこを注意しながらやってます」と話しながら、「初演の時よりも、さらに面白いものになっていると思います」と自信のコメントも。さらに、新年の抱負を問われると、「デビュー40年目を『シラノ』というすばらしい作品で迎えられる喜びでいっぱい。とにかくまず、この芝居を当てることが目標」と意気込みを語った。

共演は濱田めぐみ、彩吹真央、田代万里生、平方元基ら。1月29日(火)まで同劇場にて。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング