伊藤歩と青柳翔が出雲大社で『渾身』ヒット祈願

2013.1.7 19:10配信
ヒット祈願を行なった伊藤歩、青柳翔、錦織良成監督

伊藤歩と劇団EXILEの青柳翔が主演を務める映画『渾身 KON-SHIN』が12日から全国公開されるのを記念して、4日に出雲大社で伊藤、青柳らキャストと錦織良成監督がヒット祈願を行なった。

その他の写真

本作は、島根出身の錦織監督が、同県を舞台にした『白い船』『うん、何?』『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に続き、島根県隠岐諸島を舞台に描く家族の物語。青柳は、隠岐の島で20年に一度行なわれる水若酢(みずわかす)神社の遷宮を祝う古典相撲大会に挑む夫・英明を、伊藤はその妻・多美子を演じる。

今年は60年に1度の大遷宮を控えている出雲大社。紋付袴を着た隠岐諸島の力士たちとともに相撲甚句を歌い上げながら参道を通った一行は、御仮殿(おかりでん)で正式参拝、仮拝殿で映画のヒットを祈願。伊藤は「撮影で、隠岐諸島には長くお邪魔していましたが、出雲には初めて来ました。出雲大社に参拝させて頂き、60年に一度の大遷宮というこのタイミングに伺えたこと、そして修復されるその梁(はり)に、私の祖母が住んでいた岩手県大船渡市の松を使っているということを伺い、とても不思議な縁を感じました」とコメント。

本作が映画初主演となる青柳は、「初めて出雲大社で参拝させて頂きました。僕にとって『渾身』は、宝のような作品です。60年に一度の大遷宮と伺いまして、僕も60年後にまた役者としてこちらに来れたら嬉しいです」と話し、錦織監督は「2013年の巳(み)の年に、出雲大社で参拝させていただき、身(み)の引き締まる想いです。相撲の発祥地であるここ出雲で、遷宮相撲の映画である『渾身』の大ヒットを祈念させていただき大変ありがたく思います」と感無量の面持ちだった。

『渾身 KON-SHIN』
1月12日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング